体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『マエストロ!』松坂桃李インタビュー

selectIMG_3337

 

クラシックを題材にした映画は昔からいくつも存在するが、さそうあきらの人気コミックを原作とする『マエストロ!』は、その中でもかなり“特別な1本”と言えるだろう。いろんな理由で「負け組」に甘んじている楽団員たちが集まり、すったもんだしながらも解散したオーケストラを復活させていく物語。この群像劇を撮るにあたり、小林聖太郎監督はすべての役者陣にプロ同様の弾き方をマスターしてもらうところから始めたのだ。それも画面に映る手元だけではなく、劇中に出てくる交響曲をまるごと弾きこなすという、とんでもなく高い高ハードル! 本作には、50人の楽団員が奏でる「音」が響き合い躍動的な「音楽」が生まれる瞬間が見事に写しとられている。主人公の若きコンサートマスター・香坂真一を演じるのは、松坂桃李。今回まったくの初心者からヴァイオリンの練習を始め、「運命」「未完成」などの難曲を弾きこなすまで上達したという彼に、本作にこめた思いを聞いた。

──まずは出演オファーを受けた際の第一印象から伺えますか?

松坂「お話をいただいたのはクランクインの1年くらい前で。その時点ではまだ、台本が完成してなかったんです。なのでその時点では、ジブリアニメの『耳をすませば』に出てくる天沢聖司みたいで『あ、ちょっとかっこいいかも』と(笑)。もちろん軽く考えていたわけじゃないんですけど、まさかその後、1年にも及ぶ“地獄の特訓”が待っているとは想像していませんでしたね」

──ヴァイオリンの練習はどんな感じで?

松坂「最初は“ロングトーン”といって、1つの音を長く伸ばすところから始めるんです。運よく1回目から音が鳴って、周りも『おーっ、やるじゃん』みたいな感じで盛り上げてくれたんですけど、日を追うごとに笑顔も口数も減り、顔も土色になっていって(笑)。そうやって練習しながら、半年くらいたったところで仮台本が上がってきて……」

É}ÉGÉXÉgÉçÅIÅ°ÉTÉuáB É}ÉGÉXÉgÉçÅIÅ°ÉTÉuáD É}ÉGÉXÉgÉçÅIÅ°ÉTÉuáF É}ÉGÉXÉgÉçÅIÅ°ÉTÉuáE selectIMG_3355
1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。