ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】精華女子2ndアルバム2週連続第1位、ピアニスト辻井伸行が一挙5アイテムチャートイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsも、先週に引き続き福岡県の精華女子高等学校吹奏楽部『挑戦!ブラバン少女』が第1位を獲得。2014年に年間チャート1位となったファーストアルバムに引き続き、本作も人気の程を見せつける結果となった。現
 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsも、先週に引き続き福岡県の精華女子高等学校吹奏楽部『挑戦!ブラバン少女』が第1位を獲得。2014年に年間チャート1位となったファーストアルバムに引き続き、本作も人気の程を見せつける結果となった。現在はキャンペーン対象のCDショップにて、先着で精華女子高等学校吹奏楽部藤重先生を模した「ふぐしげくんステッカー」が貰えるほか、『藤重先生初の出張課外授業~東京編~』受講応募ハガキも配布中。高校ブラス界のトップをひた走り続ける指導者の出張課外授業を、都内で聞ける数少ないチャンスとなりそうだ。

 2位以下に、ピアニスト辻井伸行のアルバムが一挙6アイテムチャートイン。年末年始のTVドキュメンタリー番組に多数登場し、再度注目が集まっている。第2位は有名クラシック曲を集めた『THE BEST』、第3位には得意とするショパンとリストの人気曲を存分に収録した『英雄ポロネーズ/ラ・カンパネラ 日本ツアー<ショパン&リスト>』。第7位は初のリスト・アルバム『ラ・カンパネラ ~ヴィルトゥオーゾ・リスト!』。第10位は『神様のカルテ ~辻井伸行 自作集』。話題の映画となった『神様のカルテ』のテーマ曲や、中田英寿初のレギュラー番組『Revalue NIPPON Project 中田英寿日本をつなぐ』テーマ曲「コルトナの朝」など豪華なタイアップ曲が多数収録されている。第14位『debut』はベストセラーとなっているデビューアルバム。ショパン、リスト、ラヴェルなど得意の作品はもちろん、自作曲も収録している。2015年1月公開の映画『マエストロ!』のエンディング・テーマも担当しており、今年はピアニストとしてばかりでなく、作曲家としてますます注目が集まる年になりそうだ。

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsも、先週に引き続き福岡県の精華女子高等学校吹奏楽部『挑戦!ブラバン少女』が第1位を獲得。2014年に年間チャート1位となったファーストアルバムに引き続き、本作も人気の程を見せつける結果となった。現在はキャンペーン対象のCDショップにて、先着で精華女子高等学校吹奏楽部藤重先生を模した「ふぐしげくんステッカー」が貰えるほか、『藤重先生初の出張課外授業~東京編~』受講応募ハガキも配布中。高校ブラス界のトップをひた走り続ける指導者の出張課外授業を、都内で聞ける数少ないチャンスとなりそうだ。

 2位以下に、ピアニスト辻井伸行のアルバムが一挙6アイテムチャートイン。年末年始のTVドキュメンタリー番組に多数登場し、再度注目が集まっている。第2位は有名クラシック曲を集めた『THE BEST』、第3位には得意とするショパンとリストの人気曲を存分に収録した『英雄ポロネーズ/ラ・カンパネラ 日本ツアー<ショパン&リスト>』。第7位は初のリスト・アルバム『ラ・カンパネラ ~ヴィルトゥオーゾ・リスト!』。第10位は『神様のカルテ ~辻井伸行 自作集』。話題の映画となった『神様のカルテ』のテーマ曲や、中田英寿初のレギュラー番組『Revalue NIPPON Project 中田英寿日本をつなぐ』テーマ曲「コルトナの朝」など豪華なタイアップ曲が多数収録されている。第14位『debut』はベストセラーとなっているデビューアルバム。ショパン、リスト、ラヴェルなど得意の作品はもちろん、自作曲も収録している。2015年1月公開の映画『マエストロ!』のエンディング・テーマも担当しており、今年はピアニストとしてばかりでなく、作曲家としてますます注目が集まる年になりそうだ。

 初登場で第9位にチャートインしたのは『伊福部昭百年紀 Vol.2』。2014年に迎えた伊福部昭生誕100年を記念し、齊藤一郎の指揮と現代音楽シーンで活躍する凄腕奏者を集めたスペシャルオーケストラによりライヴ録音された。ミュージカルソウ(音楽ノコギリ)が大活躍する「ドゴラ」、2台のピアノがオーケスト­ラと激突するド迫力の「ラドン」「宇宙大戦争」。脚本に黒澤明が参加し、三船敏郎や月­形龍之介の演技へダイナミックなサウンドで応えた「ジャコ萬と鉄」。「佐久間ダム」の大スペクタクルを音楽で彩った伊福部サ­ウンドなど、聞き所満載となっている。

 第6位のサラ・オレインのセカンドアルバム『SARAH』は今回で15回目のチャートイン。スペイン・バルセロナで開催されたフィギュアスケートGPファイナルで、見事2連覇を果たした羽生結弦選手の、エキシビションでの使用楽曲「The Final Time Traveler」が収録されており、現在注目が集まっている。フィギュアスケートの2014~2015年シーズンに向けてリリースされたコンピレーションアルバム『決定盤! フィギュアスケート・ベスト2014-2015』も第13位に3度目のチャートイン。この2枚同時チャートインはこれで3週連続となり、フィギュアスケートの根強い人気ぶりが伺える。

 他、第4位には中学生のピアニストとヴァイオリニストの成長を描いたアニメ『四月は君の嘘』より、コンピレーションアルバム『四月は君の嘘 僕と君との音楽帳』が去年に引き続き7回目のチャートイン。第5位は『0歳からの育脳クラシック』で、136回目のチャートイン。永遠の歌姫マリア・カラスの、映画で利用された有名アリアを集めた『PURE』が12回目のチャートインを果たし第8位に入るなど、前年からの人気ぶりが衰えない顔ぶれのチャートとなった。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

1月19日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
藤井フミヤ 2月のフルオーケストラ公演に続き追加公演を発表
劇団四季×niconicoが新コンテンツの配信をスタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP