ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コレは欲しい!1台で5役をこなす、変幻自在の“流線チェア”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カナダのモントリオールを拠点に活動するデザイナー、Stephane Leathead氏が生み出した「Exocet Chair」は、カメレオンのように一瞬でひらりとその姿を変えるリビング・チェア。

彼女とデザインスタジオ「Designarium」によって共同で制作されたこの椅子は、今月末トロントにて開催されるエキシビション「Interior Design Show」にて発表予定だ。

ユニークで賢いスタイルと使い心地を追求した同プロダクトは、丸いシリンダーを軸として、あたたかみのあるウッドでできたシートを動かすことで、5つのスタイルに変化していく。

ロッキングチェアとして揺られてみたり、ときには背中合わせの2人掛けとして腰掛けてみたり…。

そうやって変化した椅子の形状に体を沿わせることで、さまざまな体勢や気分を楽しめるようになっている。

「Exocet Chair」はリミテッド・エディションとして製造されるようだが、価格、購入方法などは未定なので、詳細を知りたい方は「Designarium」のオフィシャルサイトから問い合わせしてみては?

Designarium
http://designarium.ca/project/exocet-chair/

チェア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP