ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ツェッペリン『フィジカル・グラフィティ』が最新再発シリーズに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イギリスの伝説のロック・バンド、レッド・ツェッペリン。そのギタリスト兼リーダーでもあり、バンドのプロデューサーでもあったジミー・ペイジ本人の監修によって、昨年より続けられている最新リマスタリング・シリーズ。その続編として、今回、『フィジカル・グラフィティ』のリリースが決定した。

 レッド・ツェッペリンの6枚目のアルバムであり、バンド初のアナログ2枚組作品でもあった『フィジカル・グラフィティ』。2015年は1975年2月24日の初発売から数えて40年の節目のタイミングとなる。

 2014年にリリースされ、高い評価を集めた初期5作のリマスター盤同様、今回もデラックス・エディションには完全未発表の音源が収録。「死にかけて(In My Time Of Dying)」や「聖なる館(Houses Of The Holy)」のラフ・ミックスの他、「ブランデー&コーク」と呼ばれた「トランプルド・アンダー・フット」の初期ヴァージョン、「ブギー・ウィズ・ステュー」のサンセット・サウンド・ミックスや、8分に及ぶカシミールのアーリー・オーケストラ・ヴァージョン「ドライビング・スルー・カシミール」など、オリジナル・アルバムに収録されている楽曲の未発表ヴァージョンが収録されるそうだ。

 レッド・ツェッペリンのリマスター再発キャンペーンのプロジェクトは、2015年も継続されるとのことなので、今後の展開にも期待しよう。

◎リリース概要
『フィジカル・グラフィティ』
2015/02/25 RELEASE
スタンダード・エディション(2CD)
WPCR-16365/6 2,600円(tax out.)
デラックス・エディション(3CD)
WPCR-16367/9  3,300円(tax out.)
スーパー・デラックス・エディション(3CD+3LP+DLカード+特典)
WPZR-30622/8 24,000円(tax out.)

<収録楽曲>
(CD1)
01.カスタード・パイ
02.流浪の民
03.死にかけて
04.聖なる館
05.トランプルド・アンダー・フット
06.カシミール
(CD2)
01.イン・ザ・ライト
02.ブロン・イ・アー
03.ダウン・バイ・ザ・シーサイド
04.テン・イヤーズ・ゴーン
05.夜間飛行
06.ワトソン・ソング
07.ブギー・ウィズ・ステュー
08.黒い田舎の女
09.シック・アゲイン

(コンパニオン・オーディオ)
※デラックス・エディション、スーパー・デラックス・エディションのみ付属
01.ブランデー&コーク(トランプルド・アンダー・フット初期ラフ・ミックス)
02.シック・アゲイン(アーリー・ヴァージョン)
03.死にかけて(初期ラフ・ミックス)
04.聖なる館(ラフ・ミックス・オーバー・ダブ)
05.エブリボディ・メイク・イット・スルー(イン・ザ・ライト 別歌詞/初期ヴァージョン)
06.ブギー・ウィズ・ステュー(サンセット・サウンド・ミックス)
07.ドライビング・スルー・カシミール(カシミール ラフ・オーケストラ・ミックス)

※以下はスーパー・デラックス・エディションのみ付属
(LP1&2)
最新デジタル・リマスターによるオリジナル音源(180g重量盤/初期ジャケット再現)
(LP3)
上記コンパニオン・オーディオ音源を収録したエクストラ・ディスク
(その他特典)
オルタナティブ・ジャケット、DLカードHD音源のDLカード(オリジナル 96kHz/24bit)、
ハイ・クオリティ・別刷り特典プリント・ジャケット(LPサイズ・シリアルNo.入り)、
未発表写真とメモラビリアを含むブックレット(96ページ)

関連記事リンク(外部サイト)

ロバート・プラントがツェッペリン再結成を拒絶……の報道はデマ
NHK『SONGS』にてレッド・ツェッペリン特集、ジミー・ペイジが栄光と挫折を語る
ジミー・ペイジ&ポール・スミスがツェッペリンのコラボ企画で記者会見「取り合いになっちゃうかもね」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP