ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新宿ランチ:激辛好きよ集まれ! もつ鍋屋さんの白胡麻担々麺――福みみ堂(辛さ★5 雰囲気★4)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ガジェット通信スタッフがおすすめするランチをレポート。本日紹介するのは新宿御苑近くにある『福みみ堂』さんです。

ランチレポ:福みみ堂

東京メトロ丸ノ内線・新宿御苑前、3番出口から徒歩1分のところにある、博多もつ鍋のお店『福みみ堂』。夜は居酒屋として賑わっているお店ですが、昼は麺屋さんとして、つけ麺やラーメンを提供しています。

■ランチタイム:11:30~15:00
■アクセス:東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅3番出口より徒歩1分

たべたもの「白胡麻担々麺(大辛)」

■たべたもの:白胡麻担々麺(大辛)
■値段:790円
■内容:白胡麻担々麺
■たべた日時:2015年1月8日木曜日14時00分入店

★★★★★:
辛さは三段階から選べます。

小辛……辛味を抑えたマイルドな口当たり
中辛……辛味と旨味のバランスが一番
大辛……辛味好きな方におすすめの辛さ

激辛好きの筆者はもちろん大辛を選択。

麺は太麺でプリッとモチモチの食感と香り豊かな小麦の味がしっかり堪能できます。スープは麺にねっとりと絡み、麺をすするだけでもスープの味をしっかり確かめることができます。

唐辛子・山椒がかなり効いていて、激辛好き納得の辛さ。食べている間中、顔から汗が吹き出し、食べた後もしばらく身体がカッカッしていました。

辛さの調節は辛味油の配合率じゃないでしょうか。ベースの白胡麻スープは、かなり濃厚でまろやかな口当たり。そのせいか、かなり辛いはずのに、不思議と次々食べられてしまうのです……! 担々麺でスープまで飲み干したのは初めてでした。

辛いものが苦手な方でも小辛ならおいしくいただけると思います。

お店の雰囲気とサービス

★★★★☆:

店内は落ち着いた雰囲気。夜は居酒屋ということもあって、普通のラーメン屋よりゆっくり腰を落ち着けることができます。素朴な佇まいでホッと一息つけます。

店員さんの気配りも行き届いていて、注文もスムーズでした。

評価

ボリューム:ちょっと女性には多いかも。
オーダーの早さ:10分くらいで出てきました。
混雑具合:ランチタイムは過ぎていたので、空いていました。
その他:セットメニューも充実。

その他の写真

※データ・掲載情報は取材日時のもので、変更されている場合があります。
※記事内容は記者自身の感覚に基づくものです。

詳細情報

店名:福みみ堂
ランチメニュー:

つけ麺(並盛200g/大盛り300g)800円 特盛400g 900円
煮干し醤油らー麺 690円
醤油豚骨らー麺 730円
酸辣湯麺 790円
麻婆丼/唐揚げ丼/チャーシュー丼/牛すじ丼 690円
唐揚げ定食 790円

電話:03-3355-2933
場所:東京都新宿区新宿1-14-5 新宿KMビル 1F
席数:38席(カウンター2席、テーブル36席)
店舗情報:https://www.facebook.com/pages/博多もつ鍋-福みみ堂/226233150732889[リンク]

おいしいランチ情報を編集部に教えてください

おいしいランチの情報をガジェット通信編集部までお寄せください。
店名、最寄り駅、お店のURL、あなたからの推薦コメントを添えて、ガジェット通信の情報提供フォームから投稿お願いします。

ガジェット通信情報提供フォーム

カテゴリー : グルメ タグ :
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP