ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金沢市では誰でもタダでネットにつながる!? 観光やビジネスに便利な無料Wi-Fiサービスが1月9日始動!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅先でWi-Fiがつながってくれると、たとえ国内でも助かるな~とウレシクなるもの。それが海外から日本に来ている旅行者だったら、なおさらだろう。

金沢市では、今年3月14日の北陸新幹線開業を間近に控え、観光客やビジネス客の利便性を格段に向上する、金沢市公衆無線LAN「KANAZAWA FREE Wi-Fi(カナザワ・フリー・ワイファイ)」(http://www4.city.kanazawa.lg.jp/11010/wifi/)の運用を、1月9日(金)より正式にスタートする。合言葉は“つながる!広がる!金沢!”

本サービスは、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社が提供するインターネット接続機能を利用したもので、Wi-Fiに接続できる通信端末で簡単な登録をすれば、誰でも無料でWi-Fiが使用できるというもの。

具体的には、利用可能エリアで通信端末からWi-Fiに接続し、自動的に接続される専用サイトに名前とメールアドレスを登録すれば、その場ですぐに使用開始となる。1回につき20分連続使用でき(1日何度でも利用可能)、登録情報は30日間有効となるのだそう。

利用可能エリアは、金沢駅東広場(もてなしドーム地上部・地下部)・金沢21世紀美術館・金沢市役所前広場/1月9日~、近江町市場入口(武蔵ヶ辻バス停)・香林坊バス停(アトリオ前)・香林坊アトリオ周辺・片町一丁目交差点周辺/1月下旬~となっている。

また専用アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」(http://www.ntt-bp.net/jcfw/ja.html)をスマートフォン等にインストールしておけば、本サービスの他、全国の主要な駅や空港、観光施設などでも簡単にWi-Fiを利用できるうえ、サービス毎に何度も登録をする必要がないので、こちらもおススメだ。

 

Wi-Fi接続時に表示されるポータルサイトは、日本語のほか、英語・フランス語・中国語(簡体・繁体)・韓国語に対応した観光サイト情報等が閲覧でき、外国人を含む誰もが便利に利用できるグローバルな仕様。

兼六園といった名庭園をはじめ、長い歴史を誇る城下町の風情ある雰囲気が魅力の金沢市。日本国内の旅行者にはもちろん、海外からのトラベラーにもより一層親しんでもらうために、この無料Wi-Fiサービスが一役も二役もかってくれそうだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP