ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がん予防も?七草の健康への効能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

古来より新年7日の朝に七草がゆを食べる習慣がある

年末から今日まで、胃腸を休ませた日はありますか?大晦日からお正月は、美味しい料理とお酒が目白押し。のべつ幕無し食べて飲んで胃腸はクタクタになっているはず。春の七草の薬効で、元気になりましょう。

古来より新年7日の朝に七草がゆを食べる習慣があります。七草を食べて一年の無病息災を願う、古くは平安時代から伝わる風習です。当時、野草ではなく、米・アワ・キビ・ヒエ・ミノゴメ・ゴマ・アズキの七穀を入れるのが通常だったようです。

この穀物が野草へ変わったのが鎌倉時代で、庶民に親しまれているセリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ(タビラコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)という七草へ変化。それぞれの名前や形から縁起物として尊ばれていました。例えば、セリ・・・競り勝つ、ナズナ・・・なでて汚れをはらう、ゴギョウ・・・仏体、ハコベラ・・・繁栄がはびこる、ホトケノザ・・・仏の安座、スズナ・・・神様を呼ぶ鈴、スズシロ・・・汚れのない純白さ。

栄養のバランスを整える、古人の知恵が詰まった七草の効能

早春にいち早く芽吹く七草は、邪気をはらってくれる植物です。古くは、まな板の上で、草をトントン叩いて刻むその回数も決められていたといいます。日常の食生活に戻るひとつの区切りとなるほか、新年のごちそうで弱った胃をいたわり、栄養のバランスを整えるという古人の知恵が詰まっているのです。

【七草の効能】
■健胃効果、食欲増進:セリ・ナズナ・スズナ・スズシロ・ホトケノザ
■利尿作用:セリ・ナズナ・ハコベラ
■心のリラックス効果:スズナ
■風邪の諸症状:
(解熱)セリ・ナズナ・ホトケノザ、(咳止め)ゴギョウ・スズシロ
■二日酔い:セリ・ナズナ
■ビタミン・ミネラル:
(ビタミンA)セリ・ナズナ、(ビタミンB)セリ、(ビタミンC)セリ・スズナ・スズシロ、(鉄分)スズナ、(カルシウム)セリ・スズナ・スズシロ、(カロチン)スズシロ

春の七草には、抗がん作用の高いアブラナ科の植物が3種類も

現代栄養学の観点から見ても、七草には大変興味深い点があります。青菜の少ない冬から早春にかけて、ビタミンやミネラルの貴重な摂取源となる野草で、胃腸を整え、体を温め、粘膜を強化する効能にも優れています。

また、アブラナ科の野菜は、抗がん作用の高いことで知られていますが、春の七草には「なずな・すずな・すずしろ」という3種類のアブラナ科の植物が入っています。がん予防も期待できる野草を食べて、今年も元気に過ごしたいものです。

(松原 一彦/漢方薬・生薬認定薬剤師)

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP