ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最新鋭!電動ロケットスケート『ACTON RocketSkates』ー開封の儀

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

最新鋭!電動ロケットスケート『ACTON RocketSkates』日本上陸!

2014年夏、ACTON社が、クラウドファンディング『kickstater』で出資を募集した所、瞬時に目標額を達成した、電動式ローラースケート『R』シリーズ。

各スケートは、オンボードマイクロプロセッサにより制御される2つのハブモーターを有し、リチウムイオン電池パックによって給電されます。スケートは、互いに通信するので、同じ速度および動作を維持する事が可能です。

RocketSkates™は、 スマートフォンで動くACTONアプリにより、そのスケートのパフォーマンスを監視することができます。ルートトラッキング、スケート診断、バッテリの状態の確認、ゲーム、SNSに対応。

片足につき2つのホイール内にブラシレスモーターを内蔵し、リチウムイオンバッテリーで最高時速 約12マイル(約20km)で走る事が可能です。

ACTON RocketSkates: World’s First Smart Wearable Mobility

https://www.kickstarter.com/projects/petertreadway/acton-r-rocketskates-worlds-first-smart-wearable-m

ACTON RocketSkates Kickstarter Campaign
https://www.youtube.com/watch?v=7egsQmpy9Ek#t=23

既に、kickstaterでの出資の募集は終了しましたが、現在は公式ホームページで購入が可能です。

http://www.rocketskates.com/Home

http://www.rocketskates.com/shop

ちなみに、商品には、いくつかのバージョンがあります。

実は、「R6」バージョンに出資をしていたのですが、この度商品が到着しましたので、早速開封の儀を行っていきましょう。

ACTON RocketSkates 開封の儀を執り行います

とても綺麗で大きい箱に入っていました。

蓋を空けまーす!

中から本体が出てきました・・・。

結構大きい。かなり重いです。しっかりした作りです。

内蔵バッテリ充電用の電源は日本の100Vにも対応している様です。

正面のボタンが電源ボタンとなっています。クリックするとLEDが点灯します。

付属品一式とマニュアル。勿論、表記は全部英語。私は英語は読めません。

さあ、次は試乗だ!・・・と行きたい所ですが、二点問題があります。

「何々一体どうしたの?」

まず、本商品は、間違いなく、日本の道路交通法に触れる為、公道では走れません。

「・・・だったら、庭か、公園、私有地で遊べばいいんじゃない?」

そうですね。公道は走れなくても、私有地なら遊ぶ事が可能かもしれません。

 

二点目。

本体に、「技適マーク」が有りません。

 

 

おしまい。

 

※記事の情報は12/31執筆時点のものです。

※本記事に於いては、技術基準適合証明(技適)を取れていない機器の使用を勧めるものでは御座いません。購入、利用に於いては自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。

※ 『ACTON RocketSkates』 の記事の執筆に当たっては、ACTON INC. 様に執筆の連絡を行っております。

※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/

 

※この記事はガジェ通ウェブライターの「FURU」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : 動画 タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。