ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Spigen sgp Nexus 6 用 Neo Hybridケース」をレビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google の最新スマートフォン「Nexus 6」用のアクセサリーレビューです。今回はケースやカバー類のお馴染みの Spigen 社製「Spigen sgp Nexus 6 用 Neo Hybrid Dante Red」を試してみました。Nexus 6 は、画面サイズが約 6 インチということで、本体は手に収まりきれないほど巨大です。なので、ふつうのスマートフォンのようにケースで片手操作性が損なわれることを意識することなく即ケースを装着する方もいらっしゃることでしょう。私もその一人です。Nexus 6 用 Neo Hybrid は、端末の保護性能を高めるために TPU 素材のスマートフォンケースとハードフレームを組み合せた 2 重構造方式を採用した製品です。ケースを Nexus 6 に装着し、フレームをバンパーのようにケース上から被せることで、保護性能だけではなく、ケースと Nexus 6 との密着度も高めてくれます。ケースは TPU 素材で出来ていますが、背面は超サラサラ質感、フレームは一般的な TPU ケースの感触です。フレームには若干グリップ感があります。Nexus 6 用 Neo Hybrid の特徴は側面ボタンとも言われています。ボタンはシルバーカラーでアクセントになっており、各ボタンは独立しています。外観や押し心地は良いのですが、ボタンが柔らか過ぎて端末を持った時に手の平や指が触れるだけで押してします。例えば、動画再生中に端末を持つと時々画面を OFF にしてしまうことが発生するのです。私はこの仕様をマイナス点だと思いました。全体的な感想。個人的には、側面ボタンが柔らかくて少し気になること以外に製品への不満はありません。普通のスマートフォンに比べて大きくて重たいので、主に落下から保護するために購入したこともあり、その目的は十分果たしてくれそうでせ。また、持った時の感触が自分好みなので、おそらく、このまま使い続けます。柔らかいボタンで不意に押してしまうことがありますが、押すと言っても電源ボタンとボリュームボタンだけなので、Android アプリの利用中に誤操作が発生することは稀。我慢できそうです。


(juggly.cn)記事関連リンク
Teclast、Android 4.4 / Windows 8.1をサポートした10.1インチタブレット「X10」と「X10 HD 3G」を発表、キーボードドックでノートPCにもなる
YotaPhone 3は1年半後にリリース予定、ビデオチャットで目を合わせて会話できる機能などの導入が検討されている
Gガイド番組表がv6.0にバージョンアップ、アプリUIがリニューアル、オリジナル番組表やリマインダー機能も追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP