ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本一アツい男を作り上げた“究極の思考術”とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 「爆弾低気圧が発生したのは、彼が日本にいないから…」。
 ネット上でこんな冗談が出回るほど、「日本一アツい男」として知られる松岡修造氏。

 ただ、そんな松岡氏は根っからの熱血漢かと思いきや、元々は怠け者で消極的で落ち込みやすいとのこと。そんな松岡氏がここまでアツくなれているのは、自分に常に言い聞かせている独自の思考術があるからです。

 その思考術をまとめたのが、『人生を変える 修造思考!』(アスコム/刊)。本書にある思考術を身に付ければ、毎日が“楽しくて仕方がない”人生になるはずです。

●トイレでは出した後に便器に感謝する
 排せつ物という要らないものを受け入れてくれた便器の存在は、尊いもの。そう考えれば、排せつ物と一緒に「ありがとう!」の言葉も出したくなるはず。また、トイレは誰にも邪魔されない聖域でもあるので、自分の時間を満喫できる最高の空間なのです。そんなトイレで椅子の役目をする便器は、ありがたすぎるでしょう。

●お店に入ったら、まず「ひとり店内ツアー」
 松岡氏は、新しい店に入ったら、まず店内を一周するのだとか。お店の雰囲気を味わいたいこともありますが、他のお客さんの料理を見ることが主な狙い。松岡氏はこれを「生メニュー」と呼んでいます。コツは、トイレに行くふりをしつつ、目だけで見ること。これで、変人扱いされる心配はありません。

●満員電車ではみんなに力をもらう!
 毎日満員電車に揺られて通勤するサラリーマンは、電車内でも大変なのに、その上家族を養うために会社で一生懸命働いています。そんな彼らの姿を見ると、「自分ももっと頑張らねば」と奮い立つのです。ただし、常に周りに目を向ければ、電車内だけでなく、自分よりも頑張る人たちがたくさんいます。つまり、どこにいても力をもらえるのです。

 毎日のささいなことでも、視点や考え方を少し変えるだけで、毎日がワクワクしてくる…。そんな「修造思考」が本書には、48個も紹介されています。毎日が不安、単調、つまらないと思っているなら、一読すればきっと元気が湧いてくるはずです。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
熱すぎる修造流“すし屋での振舞い方”
励まされたのは錦織選手だけじゃない!日本一熱い男の“人生を強く生きる言葉”
“無敗の男”ヒクソン・グレイシーに恋愛相談をしてみた

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP