ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MMD研究所、2014年のスマートフォンアプリ利用状況を発表、SNSアプリではLINEがトップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMD 研究所は 12 月 22 日、今年のスマートフォンアプリ・コンテンツの利用状況に関する独自の調査結果を公開しました。調査は 2014 年 12 月 11 日 ~ 12 月 13 日にかけて 20 歳以上のスマートフォン所有者の男女 562 人を対象にインターネット調査によって行われました。そもそもスマートフォンを 1 日のうちどれだけ使っているのかについての質問には、「1 時間 ~ 2 時間未満」が全体の 24.7% で最も多く、続いて「10 分未満」が 8.2%、「10 分 ~ 30 分未満」が18.5%、「30 分 ~ 1 時間未満」が 23.1% でした。1 日のうち 1 時間未満が 49,8%、1時間以上が 50.2% になります。同社の調査ではジャンル別のアプリ利用ランキングも公開されています。中でも最も競争の激しい SNS / コミュニケーションのジャンルでは、LINE が 59.6% で今年もトップ。続いて、Facebook は 52.0%、3 位 Twitter の 39.3%、4 位は Google+ の 21.4% でした。国内では SNS と言えば LINE といった感じですね。また、情報収集に欠かせないニュース(キュレーション)アプリのジャンルでは、Yahoo! ニュースが 36.5% でトップ。続いて、SmamrtNews が 16.5%、LINE News が 15.5% という結果でした。Source : MMD研究所


(juggly.cn)記事関連リンク
国内でSIMロック解除の義務化で総務省がガイドライン改定を発表、2015年5月1日以降に発売される機種に適用
Google、Android Oneスマートフォンをバングラデシュ、スリランカ、ネパールでも発売へ
LG、LG G Pad 8.0 LTEを韓国で12月24日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP