ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SUNNY BOY BOOKSが選ぶ一冊:『ミグラード 朗読劇「銀河鉄道の夜」』(著:古川日出男/管啓次郎/柴田元幸/小島ケイタニーラブ)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ガジェット通信編集部より)東横線・学芸大学駅にある本屋『SUNNY BOY BOOKS』さんと武蔵小山にあるブックカフェ『Heimat Cafe』さんに、毎月1冊、交互におすすめの本を選んでもらうことになりました。今回は『SUNNY BOY BOOKS』さんの番です。

『ミグラード 朗読劇「銀河鉄道の夜」』

宮沢賢治の名作と呼ばれる『銀河鉄道の夜』をあなたはどんな物語だと思っていますか?

『朗読劇「銀河鉄道の夜」』は作家・古川日出男が脚本をおこし、それにこたえるように詩人・管啓次郎が詩を書き、翻訳家・柴田元幸が翻訳をし、音楽家・小島ケイタニーラブが音を紡ぎ、結ばれたもうひとつ物語です。

震災が起らなければ生まれなかったこのお話は、すこしでも良い明日を生きるために何ができるのか、真剣に考えるあなたとわたしの物語でもあります。

誰かひとりでも本当だと思う(願う)人がいれば、真実でない物語などない……
大切な何かを失わないためにも、そう信じる続ける人間でありたいと強く思わせてくれます。

「今こそ渡れ、ミグラード」

鳥のように、ぼくたちをどこまでも遠くへ連れて行くこの本=旅は、その先にある“みんなのほんとうの幸い”をみつめています。

(SUNNY BOY BOOKS)

この本について

書名:ミグラード 朗読劇「銀河鉄道の夜」
著:古川日出男/管啓次郎/柴田元幸/小島ケイタニーラブ
出版社:勁草書房
価格:2500円+税
発売日:2013年9月21日

本を選んでくれた『SUNNY BOY BOOKS』について


店名:SUNNY BOY BOOKS
東横線・学芸大学駅にある小さな本屋。
ブックカフェ・HEIMAT CAFEの本棚の管理や本にまつわるイベント・展示の企画運営なども行う。
ウェブサイト: http://www.sunnyboybooks.com/
所在地:〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-14-15
営業時間:月曜〜金曜 13:00-23:00
土日祝 12:00-21:00

サニーボーイくん

『Heimat Cafe』について

店名:Heimat Cafe
店長:福田かすみ
お店のテーマはInspire your life ~脳と体に栄養を本を読んだり、美味しいものを食べたり、新しい物を見たり。
体に必要な栄養素や栄養を補って、明日への活力をつけてほしい。
そんな思いでHeimat Cafeを作りました。
40席の広々カフェには1000冊の蔵書が並び、毎月一回棚の入れ替えのためガレージセールも開催しております。
また、入り口を入ってすぐの大テーブルでは、WIFIに接続し、持ち込んだパソコンをご利用いただけます。
ウェブサイト:http://www.heimat-cafe.com/ [リンク]
アクセス:東急目黒線[武蔵小山駅」から徒歩2分
所在地:〒152-0002
目黒区目黒本町3-5-6
電話:03-6452-3770
営業日時:月~木 9:00~23:00 金 9:00~24:00 土 11:00~24:00 日 11:00~23:00

店長の福田さん

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP