ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国の駅ならでは?商品を包んで走って逃げる商人

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜午前の番組「-JK RADIO-TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「OBAYASHI SHINSEIWA FUDOSAN TOKYO CROSSING」。12月19日のオンエアでは、海外の「駅」事情がトピックスに。

日本のターミナル駅として象徴的な存在といえば、東京駅。土産物を売る店舗からレストランまで、様々なテナントが入っていますが、海外の駅はどうなのでしょうか。今回はドイツと中国の番組通信員に、それぞれの「駅」事情を聞きました。

ドイツはミュンヘンの通信員・鎌田治朗さんによると、ミュンヘン駅は「ドイツで最も大きな駅のひとつ」。32の地上ホーム、6つの地下鉄と8つの近郊都市線と、その交通網はかなり充実している様子。では、気になるテナントはどんなものが入っているのでしょうか。

「キオスクやレストランはもちろん、両替所、大型の旅行トランク専門店、上等の葉巻も扱うタバコ屋、そして異常に本屋が多いのもドイツならではないでしょうか。そしてもちろんサッカーファンには欠かせない、バイエルンミュンヘンのファンショップも併設されています」(鎌田さん)

サッカーのファンショップがあるあたり、さすがはミュンヘンといったところでしょうか。さらに、日本人が気になるあの施設も、最近はかなり充実してきたと言います。

「トイレが有料というのもヨーロッパのスタイルですが、近年駅のトイレは一新されて、日本以上に清潔できれいになっています。これならばお金を払ってもいいかなと思えるほどです」(鎌田さん)

キレイ好きの日本人でも納得の有料トイレとは、かなり期待ができそう。ミュンヘン駅ではぜひ訪れてみたいですね。

では一方、中国の駅事情はどうなのでしょうか。All About「中国」ガイド・鈴木晶子さんに、中国のターミナル駅のテナントについて聞いてみました。

「東京ほどではありませんが、駅構内に軽食屋さんやショップ、銀行のATMなどが入るようになってきています。中国らしいのは正規のショップ以外にも、布の上に商品を並べた無許可の行商人がずらりと出店し、雑貨や洋服、ちょっと怪しげで、でも美味しそうな軽食を販売したりしていることでしょうか。こういうお店は値段が安く、更に値段交渉もできるので、けっこう賑わっています」(鈴木さん)

お国柄の感じられそうな、にぎやかな空間なんですね。ただ無許可いうことで、たまにこんな風景も見られるそうで……

「無許可といっても取り締まりはあまり厳しくありません。たまに見回りがくると、布で商品をガバッと包んで見事に走って逃げていきます」(鈴木さん)

これも日本ではなかなか見られない風景ですね。それぞれ、日本とは違った魅力が感じられる駅になっているようです。

【関連サイト】
「-JK RADIO-TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP