ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】テイラー・スウィフト 自身の最長記録を更新!全米シングル・チャート5週目のNo.1をマーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テイラー・スウィフト、自身の最長記録を更新!「ブランク・スペース」が5週目のNo.1をマークした、12月27日付HOT100チャート。

 2015年度の集計としては4週目だが、2014年のチャートとしては最終週となる今週。12月のチャートを制覇したテイラー・スウィフトの「ブランク・スペース」が、4週タイの「シェイク・イット・オフ」を抜き、自身最長のNo.1獲得に。

 そんな中、TOP3は勢いをみせてテイラーから首位の座を狙う2者が上昇中。2位には、先週よりもその差を縮めて、テイラーを脅かすホージアの「テイク・ミー・トゥ・チャーチ」が上昇。そして、3位には先立ってUKチャートでNo.1に輝いた、マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズの「アップタウン・ファンク」がTOP3入りを果たした。1月にリリースが予定されているマーク・ロンソンの新作、『アップタウン・スペシャル』のプロモーション効果から、今後もポイントの上昇が期待され、ホージアを追い越してNo.1の座を狙う。曲の完成度の高さはもちろんのこと、首位獲得常連のブルーノ・マーズというスーパースターを率いていることが、強力なアクセントになっている。マーク・ロンソンにとっては初、ブルーノ・マーズにとっては7曲目のTOP3入り。

 また、TOP3だけではなく、TOP5まで引き伸ばしても、時期No.1候補といえる期待の2曲が上昇中。
8週のNo.1をマークし、華々しいデビューを飾ったメーガン・トレイナーの2ndシングル、「リップス・アー・ムーヴィン」が4位に、第57回グラミー賞では受賞が期待されている、サム・スミスの「アイム・ノット・ジ・オンリー・ワン」が5位に、それぞれランクを伸ばしてきた。
 どちらもNo.1獲得の可能性が非常に高く、今もっとも脂がのっているといえるアーティストでもある。現時点では「アップタウン・ファンク」が最有力候補だが、TOP5内でみれば、どのアーティストが首位の座についてもおかしくないということ。次週以降、上位のチャートアクションがおもしろくなりそうだ。

 24位から6位へ、一気にパワープッシュされたのはエド・シーランの「シンキング・アウト・ラウド」。2ndアルバム『x(マルティプライ)』からの3rdシングルで、2nd「ドント」(今週17位)に続いて、2曲連続のTOP10入りを果たした。
 UKではミリオンを突破し、アメリカでもゴールドに認定された『x(マルティプライ)』は、第57回グラミー賞の年間最優秀アルバムにノミネートされたことを受け、アルバムも共に9位へと再びTOP10入りした。
 2014年最もストリーミングされたアルバムにも認定され、シングル・アルバムともに絶好調のエド。ノミネートだけでなく、受賞ということになれば、この「シンキング・アウト・ラウド」のNo.1獲得も期待できるかもしれない。

関連記事リンク(外部サイト)

12月27日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
12月27日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
【ビルボード】テイラー・スウィフト 洋楽チャート1位に返り咲き!マライアの「恋人たちのクリスマス」が3位に急上昇

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP