ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トニー・スタークの家でくつろぐヒーロー達! 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』新場面写真解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


アイアンマン、マイティ・ソー、キャプテン・アメリカといったハリウッドを代表するヒーロー映画の主人公たちを集結させ、史上空前のスケールで作り上げた奇跡の映像プロジェクト「アベンジャーズ」。世界各国で歴代No.1新記録を樹立したモンスター級のエンターテイメントプロジェクト『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の新しい写真が解禁!

その写真に映されているのは、アイアンマンことトニー・スタークの家のリビング風景。お酒を片手にリラックスした雰囲気で語り合っている様子です。そこにはアイアンマン、その親友のジェームズ・ローディ、そしてキャプテン・アメリカ、ソー、ホークアイの姿が。今後彼らに課せられる過酷な試練、驚きのストーリー展開が、徐々に明かされていくことが想像されるだけに期待は膨らむばかり……。

前作の世界的ヒットを受け監督は「スケール感は守りつつも、派手なアクションだけの映画にはしたくなかった」そうで、「都市を破壊して“やった〜!”的な感覚で作った映画は問題視され始めている。そのことを理解したうえで、プロデューサーのケヴィンもジェレミーと一緒にストーリーの構成を考えていったよ。傲慢な感覚で一杯にならないように注意したんだ」とコメント。

「かといって大きなスケールの話なのに、目標はあの小さなジャガイモ畑を守ること! なんて“ちぐはぐ”なストーリーにはしなかったけどね(笑)」と、ヒーロー達が大量破壊したことを手柄にしないようにしながら、観客が興奮を味わえるような演出に努めたそう。

また常に観客の視点になって映画作りに励む監督は、「スケールの大きさや面白くてユーモアのある部分や、観客からの反応が良かったところは残しつつ、同時に新しい物をつくりだそうとしているんだ。同じことの繰り返しでは意味がないからね。何を同じにするかより、何を変えるかがポイントなんだ」と話しており、前作よりさらに進化した新たな演出にも期待が高まります。

本プロジェクトの要で、バランスが最も難しい主役級の個性的キャラクターたちについては「僕の狙いは皆にチャンスを与えること。出番のあるキャラクターすべてにスターになってほしいから、それぞれが『これは僕の/私の映画』と言えて接点をもてるようにしている。キャラクター同士は面識があるわけだし、これからはもっと深い関係を築いて、前作のキャラクターから更に深く掘り下げていくのが楽しみだね」と語っています。

今までの映画に無かった、関連作品を経て人間として成長しているキャラクターたち、てんでばらばらな個性をもつ最強のヒーローが再び集結し、ぶつかり合いながらも愛する人を守るために一致団結して困難を乗り越えてくさまが再び観客を熱狂させてくれそうですね。

(C)Marvel 2015

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP