ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】三代目JSB「O.R.I.O.N.」セールス2位、ダウンロード1位で総合首位獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のシングル総合チャート“Billboard JAPAN Hot100”は三代目 J Soul Brothers「O.R.I.O.N.」が首位を獲得した。

 2014年春夏秋冬シリーズの完結となる、三代目 J Soul Brothers「O.R.I.O.N.」は、エアプレイ7位、セールス2位、ダウンロード1位、ルックアップ8位、ツイッター7位で、総合HOT100首位をマーク。し烈な総合首位争いとなったSKE48「12月のカンガルー」は、エアプレイ25位、セールス1位、ダウンロード28位、ルックアップ9位、ツイッター6位という結果となり、セールス・ポイントでの優位をダウンロードで覆され、僅差で総合2位となった。

 TVアニメ『ソードアート・オンライン?』エンディング、LiSA「シルシ」が初登場3位となった。ダウンロード3位、ツイッター4位と、パッケージ購入に留まらない注目度の高さを裏付けた高ポイントで、1月に行われる武道館2DAYSの指定席も既にソールド・アウト、来年一層の活躍が期待される。

 ルックアップではMr.Children「足音~Be Strong」が1位に返り咲いた。1位→7位→3位→1位と推移していて、シェネル「Happiness」(今週3位)とSEKAI NO OWARI「Dragon Night」(4位)とルックアップ上位を争う展開が続いている。

 12月24日発売となる、いきものがかり「キラリ」が総合39位に初登場。ダウンロードで18位をマーク、映画『アオハライド』主題歌として同日発売のニュー・アルバム『FUN! FUN! FANFARE』に先行して配信されており、今後もランク・アップは確実だ。

関連記事リンク(外部サイト)

12月22日付 Billboard JAPAN Hot100
三代目JSB&GENERATIONSがTRIBE東京ドーム公演で来年ニューアルバムリリースを発表
三代目JSB、春夏秋冬シリーズファイナルのタイトルは「O.R.I.O.N.」に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP