ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「海」とふれあい、成長していく“海育”って?横浜・八景島シーパラダイスで親子で生き物の不思議を学べるイベント開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「横浜・八景島シーパラダイス」が12月16日(火)〜21日(日)(13:00〜)まで、水族館の一般来場者先着50名限定でワカメの植え付け体験イベントを開催する。イベントは「ワカメ植え付け体験」と「東京湾の生きものレクチャー」の二部からなる。

「海」、「島」、「生きもの」の魅力を楽しめる「横浜・八景島シーパラダイス」は、横浜市が主導となって取り組んでいる「きれいな海づくり」事業の一つ、新たな脱温暖化プロジェクト「ブルーカーボン事業」に参加している。今回のイベントは、この事業の一環として、昨年3月にオープンした“海育”がコンセプトの新施設、自然の海の水族館「うみファーム」内で開催される。

来年3月には、今回植付けた「ワカメ」を自分たちの手で収穫してもらうイベントも開催し、こどもたちは「ワカメ」が生育する様子を通じて、「ワカメ」などの海藻が二酸化炭素を吸収することを学べるというので、こちらもあわせて参加したい。

普段なかなか行うことのできない体験イベントを通じて、親子で生き物の不思議を学んでみて。詳細はこちら(http://www.seaparadise.co.jp/umifarm/)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP