ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【USAレポート】サンフランシスコで食べたヘンな日本食「天ぷら寿司」の味は・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本食のレベルは、年々確実に上がっている。その一方、日本人的に「?」と思わされる、現地で独自に進化したかのような日本食に遭遇することもしばしば。今回は、サンフランシスコで食べた「天ぷら寿司」。
サンフランシスコ市内のとある多国籍料理レストラン。メニューを見ると、本場アメリカからイタリア、スペイン、中国、韓国、シンガポールなど、さまざまな国の料理が並ぶ。そんな中、前菜のメニューで見つけたのが「Tempra Salmon Rolls」。直訳すると、天ぷらのサーモン巻き、その味、最初まったく想像できなかった。
メニューに写真がなかったが、Japanese sushi……と説明があり、いちおう日本の寿司らしい記述。天ぷら無しもオーダーできるらしい。テイクアウトで注文し、しばらく待つと、調理した出来たてがパック入りで運ばれてきた。そのままホテルに持って帰り、部屋で恐る恐る開いてみた。
見た目は、たしかに巻き寿司っぽい。肝心の天ぷらの部分は、その寿司をどうもそのまま天ぷらのように揚げたらしい。寿司を天ぷらで揚げる習慣は日本にはなく、なにやら不思議な感じがした。寿司の具は、アメリカの寿司でよく使われているアボガドをはじめ、生ではないサーモン、豆腐などで、甘いタレが全体的にかかっていた。

しょうゆはキッコーマンの現地法人で、わさびやかいわれ大根、しょうがまで付いていた。
いざ、食べてみた感想は、寿司は寿司なのだが、天ぷらになっていて、やはりなにか妙な食感と味わい。これはこれでアリのような気もする。もっとも、ちゃんとした寿司が食べたい人には、まったく寿司とは違うと感じられるかもしれないが。
(Written by AS)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【USAレポート】100種類の新作タンブラーも! 米スターバックス 2014年クリスマス展開がスゴい
お茶、パック寿司、ラーメン…「日本」ブーム続々
タイムズスクエアのニセ“着ぐるみ”集団 元気に活動中

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP