ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

App Swap : ナビバーのスワイプアップ操作でアプリドロワーを表示できる高機能なランチャーアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ナビゲーションバーから Google Now を開く要領でアプリドロワーにアクセスできる便利なランチャーアプリ「App Swap」が Google Play ストアで配信されています。最近の Android はほぼすべての機種でナビゲーションバーのスワイプアップまたはホームボタンの長押しで Google Now をはじめとしたアプリを開くことができます。この仕組みをアプリドロワーに適用したのが「App Swap」です。App Swap の特徴はどの画面からでもアプリドロワーを開ける利便性の高さなのですが、それだけではなく、複数あるパネルのうち、メインパネルは起動順にソートされてよく使うアプリが上部に表示されるほか、下部の色パネルではアイコンの代表カラーで分類できたり、下部のキーパッドでアルファベットを入力すると先頭文字で検索できたりと、様々な方法でアプリを抽出できます。しかも、(無料版では左右だけですが)スワイプなどのジェスチャー操作で特定のアプリを起動することもできて、おそらく、スワイプアップ操作を活用したアプリの中では最も機能的なアプリの一つだと言えると思います。しかし、フル機能を利用するには 237 円のフルバージョンにアップグレードする必要があります。App Swap」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenMod 12で複数のプリインアプリがMaterial Design化される
HTC初のウェアラブルデバイスはスマートウォッチではないリストバンド型デバイス?
Google、「Google Play開発者サービス」のv6.5.99を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP