体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秦 基博、映画『STAND BY ME ドラえもん』台湾公開を記念して現地で「ひまわりの約束」を弾き語り

3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』が12月19日(金)より台湾で公開されることを記念し、台湾で行われた映画記者会見で秦 基博が海外メディアを前に「ひまわりの約束」弾き語りを初披露した。

12月11日@Taipei Mandarin Oriental Hotel (台北文華東方酒店) (okmusic UP's)

3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』がテレビアニメも放送されている台湾、香港、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、イタリアなど59の国と地域で配給されることは既に発表されていたが、このたび12月19日(金)の公開を目前に控えた台湾での映画記者会見に同映画の主題歌を歌っている秦がスペシャルゲストとして招聘され、初めて台湾の地を訪れた。

12月11日記者会見当日、台湾以外の中国・香港も含むメディア70媒体以上が、会場となるTaipei Mandarin Oriental Hotel (台北文華東方酒店)に集まり、会見がスタート。 映画のトレーラーが流れた後、司会者によって秦が呼び込まれ「皆さんこんにちは。秦 基博です。“ひまわりの約束”を聞いてください」と流暢な北京語で挨拶、大きな拍手と歓声を受け、「ひまわりの約束」の弾き語りを海外マスコミの前で初披露した。台湾では日本同様、映画館での予告やテレビCM等で楽曲が大々的にプロモーションされており、現地での秦 基博&「ひまわりの約束」人気も急上昇中である。歌唱後ドラえもん、のび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんが揃って登場し、秦も一緒にフォトセッションに参加。温かな雰囲気の中会場を後にした。

シングル「ひまわりの約束」とアルバム『evergreen』は既に、台湾を含むアジア・中東の22カ国、欧米・オセアニアの20カ国の合計40カ国で配信及びCD発売されており、秦は今回の訪問ではCDのプロモーションも同時に展開、台湾で一番人気の配信サイト「KK BOX」や「Best RADIO」、「SET TV(三立台湾台)」などWEB、ラジオ、テレビの取材と多忙な日程をこなした。

「ひまわりの約束」の海外人気は台湾に先駆け、インドネシアiTunesの12月4日付J-popチャートで1位を獲得し世界的ヒットの兆しを見せ始めている。 インドネシアは12月10日より映画が公開されており、日本に続くiTunesチャート1位獲得に繋がった。映画公開後の各国のチャートアクションにも自然と期待がかかる。

そして日本でも各音楽配信サイトで依然好調にロング・セールスを記録を続けている。先日iTunes Store が、毎年恒例の「Best of 2014 今年のベスト」を発表、『ひまわりの約束』が2014年最もダウンロードされた年間チャート「トップセラー: ソング」の2位に輝いた。更にレコード協会から10月度 有料音楽配信認定シングルトラック「プラチナシングル」の認定も受け、ダウンロード総数は更に伸び続け、55万DLに迫る勢いだ。 また、昨年「Girl」で1位を獲得したUSEN HIT J-POPランキングでも2014年間 USEN HIT J-POPランキングで2位を獲得し2014年日本全国の街で愛され多くのリクエストを受けた楽曲として話題となっている。年末にかけては音楽テレビ番組に秦の出演が続々決定。

12月24日(水)には既発のシングルとは絵柄違いの「秦・ドラえもん・のび太」のコラボ写真を使用した「ひまわりの約束」-Deluxe Edition-もリリース。2015年もこの勢いは止まらなそうだ。

アルバム『evergreen』
発売中
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AUCL-30022~3/¥3,611+税
※高品質CD・Blu-spec CD2仕様+スペシャル・ブックレット付属
【通常盤】(CDのみ)
AUCL-167~8/¥3,241+税
※初回プレス仕様あり(予定)
<収録曲>
■DISC 1
1.ひまわりの約束
2.青い蝶
3.初恋
4.言ノ葉
5.ダイアローグ・モノローグ
6.メトロ・フィルム
7.Halation
8.キミ、メグル、ボク
9.Dear Mr.Tomorrow
10.鱗(うろこ)
11.朝が来る前に
■DISC 2
1.Girl
2.グッバイ・アイザック
3.虹が消えた日
4.エンドロール
5.フォーエバーソング
6.シンクロ
7.透明だった世界
8.僕らをつなぐもの
9.水無月
10.アイ

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会