ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

くるり、『THE PIER』からのリカット・シングル&企画アルバム『くるりとチオビタ』ハイレゾ配信決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

くるりが12月17日にリリースする『There is(always light)/ Liberty&Gravity』Special Editionと企画アルバム『くるりとチオビタ』をOTOTOYから44.1k/24bitのハイレゾ版で配信することが決定した。

『There is(always light)/ Liberty&Gravity』Special Editionは、映画『まほろ駅前狂騒曲』主題歌「There is(always light)」と“変な”新曲としてビデオクリップも大きな話題となった「Liberty&Gravity」をリードトラックとした、アルバム『THE PIER』からのリカットシングル。“Special Edition”と銘打った今作は、旧知の仲である元SUPERCAR、現在は「Koji Nakamura」「iLL」「NYANTORA」など様々な名義で活動を続けるナカコー(中村弘二)の監修による「Liberty&Gravity」New Mixや、若干20歳でSonerSoundに最年少出演するなど、注目を集める京都在住のアーティスト・Madeggによるリミックス、さらに岸田繁自身の弾き語りデモ・バージョンなどを収録した、ファン垂涎のレアトラック集と呼ぶべきもの。『THE PIER』を聴きこんでいるリスナーも、より掘り下げて楽しめる作品ではないだろうか。

一方の『くるりとチオビタ』は、大鵬薬品の「チオビタ・ドリンク」のCMソングとして、2007年から7年間にわたり使用された数々の楽曲を収録した企画アルバム。同一楽曲による長期間のタイアップは多くあるものの、「チオビタ・ドリンク」のCMのように、期間ごとに、同一アーティストの様々な楽曲が使用されるケースは非常に珍しい。長年にわたるくるりとチオビタ・ドリンクの愛情あふれるコラボレーションを総括するかのような、まさに「愛情一本」ならぬ「愛情一枚」の作品となっている。

『There is(always light)/Liberty&Gravity』Special Editionはニューミックス&リミックス、『くるりとチオビタ』は全曲リマスターと、いずれも新たにマスタリングを施され、44.1k/24bitのハイレゾ版で配信される。くるりからの一足早いXmasプレゼントを楽しんでほしい。

・くるりの作品はOTOTOYから配信中!!
http://ototoy.jp/them/index.php/27/a>

★『There is(always light)/Liberty&Gravity』Special Edition
2014年12月17日(水)発売 
OTOTOYからハイレゾ配信(44.1k/24bit)
〈収録楽曲〉
1. There is(always light)
2. Liberty&Gravity
3. There is(always light) -alternative mix-
4. Liberty&Gravity -alternative mix-
5. Liberty&Gravity -Madegg remix-
6. Liberty&Gravity -demo ver.-

★『くるりとチオビタ』
2014年12月17日(水)発売
OTOTOYからハイレゾ配信(44.1k/24bit)
〈収録楽曲〉
1. Jubilee
2. 太陽のブルース
3. 魔法のじゅうたん
4. シャツを洗えば (くるりとユーミン)
5. 旅の途中
6. 奇跡
7. o.A.o
8. Taurus
9. ロックンロール・ハネムーン
10. loveless 
※全曲リマスター 

★『THE PIER』
OTOTOYから配信中
配信形態 : ALAC、FLAC、WAV
販売価格 : 単曲 540円(税込み) / まとめ購入 3,240円(税込み)
〈収録曲〉
1. 2034
2. 日本海
3. 浜辺にて
4. ロックンロール・ハネムーン
5. Liberty&Gravity
6. しゃぼんがぼんぼん
7. loveless
8. Remember me (wien mix)
9. 遥かなるリスボン
10. Brose&Butter
11. Amamoyo
12. 最後のメリークリスマス
13. メェメェ
14. There is (always light)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP