ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワタミの店舗に株主登場 「今日の飲食代をタダにしろ!」と迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私がワタミの社員として働いていた頃、ある日20代半ばの女性アルバイトに呼ばれました。この女性は4年ほど業務経験があり、他の従業員からの信頼も厚い人です。その人に「お客様がお怒りなので来てください」と言われました。

理由を聞くと、頼んだ料理が来ないことが原因とか。彼女も「少々お待ちいただけますか。すぐに持ってきます」と言ったそうですが、「俺はあんたの会社の株主だぞ。こんなんでいいのか」などと言われて話も聞いてもらえず、全く収まらないというのです。
「いつになったらトン汁が出てくるんだ!」と激怒

こうした事態を多く経験している彼女でも収まらないクレームなので、私はただならぬ気配を感じました。私がお客のところに行くと、「あんたが責任者か」といぶかしんでいる様子です。相手は50代くらいの男性で、夫婦で来店されていました。

私はすぐさま、「申し訳ございません。不手際があったようで」と声をかけました。この言葉を言い終わる前に、男性は「お前のところの教育体制はおかしい。どうなってんだ! 上司に連絡しろ!」と怒鳴りつけてきます。

ここで私は、女性アルバイトの「話を聞いてもらえない」状況を理解しました。それでもおさまらず、男性は「いつになったらトン汁が出てくるんだ! いつまで待たせんだよ!」とまくし立ててきます。かなりお怒りです。

私は「分かりました。この状況を上司に報告します」と言うと、「分かった」との返事が。しかし店長と課長に電話しても、2人ともつながりません。一刻を争う事態ですから折り返しの連絡を待つわけにもいかず、つながらない状況をお客様に説明しました。

「そうか。これがワタミのレベルだな。俺は株主なんだがね」

男性は、株主ということをやたらとひけらかしてきます。こうした立場を武器に脅しているのでしょうか。本当に株主かどうかも確認できないのですが。すると信じられないことに、この男性は要求をエスカレートさせて、こんな無茶な要求をしてきました。

「こういう時は、今日の飲食代をタダにするくらいするんじゃないの?」

これ以上、店を混乱させたくないと考えた私は…

普段の私なら、こんな要求は決して呑むことはありません。

「それはできません。もう全て飲食なさっていますし、不手際のあった商品の値引きは致しますが、問題のない他の商品まで無料にはできかねます」

というところです。ただ、この対応をしている今も入店や退店、注文が止まらず、店は猫の手も借りたい忙しさです。そもそも料理の遅れは、混雑によるものなんですから。

それを痛いほど分かっていたので、早く事態を収拾し、仕事に戻ることが最優先と考えた私は「わかりました」と渋々と了承。ここまで譲歩したのですが、さらに男性は、

「えぇ? 本当か? 何か怪しいな。後から『無銭飲食された』とかいって、文句言うんじゃないんだろうな?」

と詰め寄ってきます。私は(いやいや、あんたが言い出したんだろ。もういいから早く帰ってくれよ)と思いました。結局、男性は「それなら、お前の名刺に『今日の飲食代はいただきません』と一筆書けよ」と要求してきました。
奥さんの「最後のひとこと」に脱力

もうどうでもよくなった私は、一筆書くハメになりました。それで満足したのか、お客様は帰り支度を始め、帰り際に隣にいた奥さんが私の方を見てこう言いました。

「頑張って下さい」

奥さん、あなたは何のつもりでそう言ったんですか。私は何を頑張ればいいのでしょうか…。同情なら要りませんから!(泣)

あわせてよみたい:「もう無理」と言っても耳を貸さなかったワタミ
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP