ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android版ハングアウトのメジャーアップデートを発表、アプリUIが完全にMatetrial Design化、スタンプやビデオ通話時のフィルタ機能なども追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 12 月 10 日(現地時間)、チャットアプリ「ハングアウト」の Android 版アプリの機能追加アップデートを発表しました。アプリのアップデート版は本日より配信される予定で、まだバージョンは判明していませんが、アプリ UI が完全に Material Design 化されているので、v2.5 あるいは v3.0 になると予想されます。今回のアップデートでは、簡単に自分の気持ちを表現できてより楽しく会話できるよう、スタンプ機能の追加、ビデオ通話時のフィルタ機能の提供、オンラインプレゼンス表示の追加、スマートサジェスト機能の追加が行われています。スタンプは、まずは猫やペンギンなど 16 種類の動物スタンプが追加されました。スタンプの種類は順次増えると言われています。連絡先に「last seen」のタイムスタンプが付くようになり、会話できるのかどうかを「大丈夫?」といちいち聞いたりすることも減ると思います。スマートサジェスト機能は、「where are you?」というメッセージが相手から送信されると画面上に位置情報の共有ボタンが表示され、タップ一発で今いる場所の位置を地図付きでを共有できるようになりました。Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia用Social Liveがv1.0.25にアップデート、映像の公開範囲から「カスタム」が削除される
Nexus 4をAndroid 5.0にアップデートすると電話アプリのレスポンスが悪くなるという現象が報告される
Galaxy Alphaはゴリラガラス4を搭載、コーニングが発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP