ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハンコの上にハンコ? 職場で笑いが生まれるユニークなスタンプが登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 今、ガシャポン商品のとあるスタンプが、子どもではなく大人の間で話題を呼んでいる。バンダイから発売中のハンコ「スタンプONスタンプ ハンコさんProduced by おたんじょうびかい」(以下、ハンコさん)だ。

 「ハンコさん」は土下座をしていたり、集団で踊っていたりする人のスタンプで、どれも「顔」にあたる部分が空白になっていることが特徴。この「ハンコさん」を押印後、顔の部分に自分の認印を押すと、自分の分身のようなイラストが完成するユニークな仕掛けになっている。

このありそうでなかった発想に対し、ネット上でも「アイデアを見つけられる人は見つけられるんだよな?」「なにこれコンプリートしたい!」などTwitterを中心に注目を集めているようだ。

 そこでこの秀逸なアイデアが光るハンコについて、発売元であるバンダイの開発担当者に話を聞いてみた。

 そもそも「ハンコさん」の誕生のきっかけは、「バンダイと企画集団『おたんじょうびかい』とのコラボで『おもしろいガシャポンをつくろう!』という提案から誕生しました。その企画案の中で『認印を押す』作業をもっとおもしろくしたい、というアイデアから考案に至ったのです」と担当者。

 ビジネスマンに楽しみながら押印してもらいたい、といった思いから作られた「ハンコさん」。意外な効力もあるという。

 「『ハンコさん』を使うことで、冷たく事務的な印象の資料が一瞬で『感情を持った人』のようになることです」(担当者)

 「ハンコさん」をコミュニケーションツールとしてオフィス内で用いることで、資料の回覧がしやすくなったり、普段あまり話さない同僚と会話が生まれたりするなど、コミュニケーションの輪を広げる効果が期待できるという。

 「実際に都内で働くサラリーマンやOLに『ハンコさん』をオフィスで使用してもらったところ、90%以上の方から『使用することで社内のコミュニケーションが円滑になる』との回答が寄せられています」(担当者)

 子どもだけではなく、大人からも注目を集める昨今のガシャポン。「ハンコさん」も20代~30代の働く男女にささるのでは、との予想が見事に当たり、SNSを中心に人気を集め、売れ行きも好調とのこと。

 現場の雰囲気を和ませるコミュニケーションツールとして一役買ってくれる「ハンコさん」。毎日過ごすオフィスで使ってみると、同僚と今よりもっといい関係性を築けるかも!?

■関連リンク
筒型ですらない斬新なスマート印鑑
顔面リボンづくめのハローキティ
「リアルアンパンマン」を作ってみた

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP