ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あのキュレーションメディア『News Picks』が紙の新聞を発行!書店フェアも開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“若者の紙離れ”が叫ばれて久しい昨今。スマートフォンやタブレット端末の普及により、「新聞、雑誌など読まなくてもネットニュースで事足りる」と考える人が年々増加しています。もっとも、”紙離れ”は若者に限ったことではなく、中高年層も例外ではありません。購読を辞めた理由は「読み終わった新聞紙の処分に困る」「節約のため止めた」とざまざまですが、かつては読んで当然だったビジネスマン層でも確実に、”紙離れ”は進んでいます。

 そんな中、情報感度の高いビジネスマンの間で人気になっているのが、経済ニュース配信アプリ『News Picks(ニューズピックス)』。経済情報に特化して、関心があるニュースをわかりやすくまとめたキュレーションサービスとして評価が高いNews Picksですが、このたび紙の新聞『News Picks Paper』を発行します。

 創刊号の一面には、今や”ジョブズ超え”の呼び声も高い、電気自動車会社『テスラモーターズ』CEOのイーロン・マスク氏。中国最大のネット通販事業者『アリババ』グループ創業者のジャック・マー氏など、錚々たる顔ぶれが並びます。

 否が応でも、紙面の中身に期待が高まりますが、 今号では「2015年、世界を面白くする男たち」と題し、編集部が厳選した世界各国の異端児をクローズアップして紹介しています。一面メインビジュアルには、世界レベルの起業家・投資家に交じって、ACミランの本田圭佑選手も並んでおり、紙面上で突撃取材の記事を掲載しているのも見逃せません。

 気になる同紙を購読するには、特設サイトから登録の上、有料会員となれば手元に郵送される仕組みで、無料会員にも抽選で100名に無料配達を実施します。また、本日からの2日間、丸の内・大手町の路上で配布中とのことなので、入手できるチャンスは意外とあるかも? 

 さらに、News Picksでは、八重洲ブックセンターにて12月8日から2週間、丸善丸の内店にて翌9日から2週間、リアルの本屋でビジネス本の店頭フェアを開始するなど、より”リアルな世界”へと進出しようとしています。紙離れが進む今、あえて紙媒体を否定せず参入をしていく「News Picks Paper」。業界に一石を投ずることになるのでしょうか?

【関連リンク】
https://newspicks.com/paper/

■関連記事

朝日新聞に登場した新キャラ「こゝろちゃん」とは一体ナニモノ?
教養を身につけたいときに、読むべき本とは?
ボブ・ディランがノーベル文学賞の"候補"に入っている理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。