ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「Google翻訳」アプリの次期アップデート版にカメラで撮影した文字のリアルタイム翻訳機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googl が翻訳アプリ「Google 翻訳」の次期アップデート版にスマートフォン・タブレットのカメラでスキャンした画像をリアルタイムに翻訳する新機能を追加しようという噂が海外の WEB サイト Android Police で伝えられました。同サイトにはこの機能が追加された未公開バージョンのアプリのスクリーンショットも公開されています。それによると、リアルタイム翻訳機能は Google が買収した WordLens の機能を移植したもので、被写体の文字にカメラをかざすだけで翻訳できるようになっています。スクリーンショットによると、この機能は英語とフランス語、英語とロシア語、英語とスペイン語、英語とドイツ語、英語とポルトガル語、英語とイタリア語で機能する模様です。また、このバージョンではリアルタイム翻訳機能に加え、会話モードの機能強化も行われています。変更箇所は、入力された言葉の言語をアプリが認識するようになり、一方の言語での翻訳が継続されることです。従来は、片方が話し終わると翻訳され、もう片方の入力に移りますが、そういったターン形式ではなくなり、話した言語によって自動的に切り替わるようになっています。Source : Android Police


(juggly.cn)記事関連リンク
Android 5.0(Lollipop)の機能紹介 : カメラフラッシュを懐中電灯にする機能が標準機能になる
Motorola、インドでMoto G(1st Gen)のAndorid 5.0アップデートを開始
Sony、2015年初旬よりAndroid TV製品を発売すると伝えられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP