体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

顔近すぎ&甘々セリフにキュン死女子続出!? 『ジーユー』銀座店で“壁ドン”体験イベント敢行

顔近すぎ&甘々セリフにキュン死女子続出!? 『ジーユー』銀座店で“壁ドン”体験イベント敢行

男子が壁を背にした女子に迫る“壁ドン”。渡辺あゆさん原作の『L・DK』(講談社)が映画化されたこともあって一般層にも話題になり、2014年のユーキャン流行語大賞ののトップテンに選ばれるまでに……。とはいえ、実際に体験したことがあるという人は少ないのでは? ましてや、相手がイケメンとなるとさらにハードルが上がってしまうのではないでしょうか。

そんなドキドキする“壁ドン”を、モデルのロビンさん・岩永徹也さんに実演してもらえるというドリームなイベントを、『GU』(ジーユー)が2014年12月5日18時から銀座店で敢行。「本当に参加者いるの!?」と疑問に思いつつ行ってみると、“壁ドン”希望者が大勢集まって列をなしていました。ここではその模様をレポートします。

※全ての画像はこちらからご覧下さい。
http://getnews.jp/archives/715551

kabedon_gu_02

『胸キュンな“壁ドン”イベント!』の会場は、『GU』銀座店1Fの入口正面の特設ブース。衆目が集まる中で“壁ドン”されてしまうというのは、恥ずかしいどころの話ではないと思うのですが……。

イベントでは、参加者が『GU』が展開している『HOLIDAY特別商品』のスウェット・ニット(各税抜き990円)をまずチョイス。その上で「これ、似合う?」と問いかけると、ロビンさんと岩永さんが“壁ドン”して答えてくれるという流れに。『GU』マーケティング部の沖嶌美樹リンズィーさんによると「『HOLIDAY特別商品』を試してドキドキ体験をしてもらいたくて企画しました」とのこと。

kabedon_gu_03

キャンペーンでは、『Twitter』のハッシュタグ「#GU壁ドン」でユーザーが妄想するイケメンにささやかれたい言葉を募集。「恥ずかしがりつつも沢山投稿して頂きました。”可愛すぎて妬けちゃうな”というニヤニヤするつぶやきもありました」(沖嶌さん)と、さまざまな萌えワードが送られてきたとのこと。会場でも投稿がディスプレーで表示されていましたが……少女コミックのような世界のセリフばかりで、読むだけで赤面モノ。

kabedon_gu_04

“壁ドン”要員のイケメンとして、30人以上のオーディションから選ばれた岩永さんとロビンさん。「岩永さんは『テラスハウス』でも“王子”と呼ばれているほどの正統派イケメンなので、間違いなく胸がキュンキュンするだろう、と。ロビンさんはちょっと俺様系なので、Mッ気がある女子は萌えてしまうのでは」(沖嶌さん)と、タイプが違うイケメンを用意したといいます。

とはいえ、当然ながらモデルの二人にとっても“壁ドン”初体験。イベント前には「みんなの前でやるということが分かって来る人がどんな人から楽しみ。(ファンが)帰ってからも印象に残るようにしたい」(岩永さん)、「新鮮な気持ちで僕も楽しみたい。少しでもドキドキさせることができれば」(ロビンさん)とコメント。まぁ、やる方も手探りなので緊張しますよねぇ……。

kabedon_gu_05
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。