ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“アナ雪”短編映画『フローズン・フィーバー(原題)』と『シンデレラ』が同時上映決定! 実写とアニメで描くディズニープリンセス

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2014年を代表する映画の一つである『アナと雪の女王』。最新短編映画『フローズン・フィーバー(原題)』が、2015年4月25日(土)公開『シンデレラ』と同時上映される事が明らかになりました。

『シンデレラ』はディズニー・ラブストーリーの原点にして頂点でありながら、今回初めて実写映画化される話題作。『アナと雪の女王』では、ありのままを受け入れ、殻を破って自由に生きようとするヒロイン・エルサの姿が描かれ、多くの現代女性の共感を得ましたが、最新作『シンデレラ』でもそのメッセージ性は受け継がれているそう。ただ運命の人を待っているのではなく、自らの手で勇気を持って運命を切り開くヒロイン像を描きます。

『シンデレラ』のメガホンをとるのは、監督・俳優としての名声をほしいままにする才人ケネス・ブラナー。「ヘンリー五世」「から騒ぎ」「ハムレット」などシェイクスピア作品を扱ったものを多く手がけ、華々しい「宮廷」という独特の世界を描写することに長けている人物です。

衣装デザインには「恋におちたシェイクスピア」「アビエイター」「ヴィクトリア女王世紀の愛」でアカデミー賞衣裳デザイン賞3度受賞しているサンディ・パウエル、プロダクション・デザイナーには「アビエイター」「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理容師」「ヒューゴの不思議な発明」と、こちらもアカデミー賞美術賞3度受賞しているダンテ・フェレッティが担当。

キャスト陣には実力派が勢ぞろい、シンデレラ役には新進気鋭の若手女優リリー・ジェームズが大抜擢され、悪名高き継母にはアカデミー賞女優ケイト・ブランシェット、フェアリー・ゴッドマザー役にはヘレナ・ボナム=カーターら実力派スター女優が煌びやかに脇を固め、憧れのおとぎ話だった『シンデレラ』がついに現実のものとなる。

気になる『アナと雪の女王』の短編最新作はオリジナルキャスト&スタッフ陣が再集結とあって、こちらも期待が高まります。

ディズニーが総力を結集し、実写映画化する『シンデレラ』、そして日本で歴史を作った『アナと雪の女王』の最新作。後世に語り継がれるディズニーの新たな名作がいよいよ来年、春に日本上陸です。

(C)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP