ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ターミネーター』最新作が2015年7月に公開決定 今度のシュワちゃんはCGじゃないぞ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ターミネーター
1984年に公開されて以来、全世界の興収は14億ドル、日本でも220億円を超える空前の大ヒットシリーズ『ターミネーター』。その最新作となる『TERMINATOR:GENISYS』(全米公開2015年7月1日)の邦題が『ターミネーター:新起動/ジェニシス』に決定し、日本では2015年7月に全国公開となることが分かりました。

ターミネーター(T-800)を演じ、シリーズの代名詞と言えるアーノルド・シュワルツェネッガー。しかし、『ターミネーター4』(’09)では、カリフォルニア州知事に就任中で俳優を休業していたために、シュワちゃんの顔だけがCG合成されるという珍プレーな登場シーンが話題となりました。

その後、『ターミネーター4』を新3部作の序章としたシリーズ再編計画も、結局すったもんだがあって中止に。シリーズの続編には諦めムードが漂っていたそんな中、『ターミネーター3』(’03)以来12年ぶりにシュワちゃんがカムバックして、全世界待望のシリーズ新起動を果たすことになったのです!

主要キャストは一新され、人類反乱軍のリーダーであるジョンの母親、サラ・コナー役には人気テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』で注目を集めた新鋭女優エミリア・クラーク。カイル・リース役には『ダイ・ハード/ラスト・デイ』『アウトロー』の若手俳優ジェイ・コートニー。ジョン・コナー役は最新作『猿の惑星:新世紀(ライジング)』ほかハリウッド大作での活躍ぶりが光るジェイソン・クラークが務めます。

さらに、監督は『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のアラン・テイラー。脚本は『アバター』『シャッター アイランド』のレータ・カログリディスパトリック・ルシエ。製作は『ワールド・ウォーZ』のデヴィット・エリソンデイナ・ゴールドバーグと、シリーズの新起動に相応しい豪華製作陣が集いました。

シュワちゃんの役どころがまだ明らかとなっていないため、今年公開された『ロボコップ』的なリブート作品になるのか、それともシリーズの続編となるのかは不明ですが、とにかく今後の続報に期待することにしましょう。“He’ll be back!”

(c)2014 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。