ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

道重さゆみの「スピーチ力」に賞賛の声 専門家「キング牧師も使った手法。直すところがない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モーニング娘。’14の道重さゆみさん(25)が11月26日、横浜アリーナで「卒業公演」を行った。多くのメディアが報じて話題となったが、そんな中、道重さんの卒業スピーチが「凄すぎる」と注目を集めている。

「大丈夫、泣かずにしっかりみなさんに気持ちを伝えたいと思うので、聞いてください」

モーニング娘。の卒業コンサートでは、事前に用意した手紙を読み上げるケースが多いが、この日の道重さんの手にはマイクのみ。ステージから客席を見上げ、ファンの一人ひとりに語りかけるように話し始めた。
ネット「完璧さに胸を打たれて頭が整理できない」

 

「モーニング娘。が好き。その気持ちだけは誰にも負けずにやってきました」

道重さんがグループに加入した頃の話から始まり、辛いときもファンが「大きな愛で支えてくれました」と感謝。昨年には同期も卒業してしまったが、最近は自分を慕う後輩と過ごす時間がとても楽しかったといい、「みんなのことが愛おしくてたまりません」と話した。

観客席からは、感極まったファンのすすり泣きが聞こえてくる。もともとトークに定評のあった道重さんだが、8分間にも及ぶ卒業スピーチに改めて衝撃を受けたファンも多く、終演後、ツイッターには「泣いた」「感動した」という言葉のほか、

「道重さんって本当にスピーチがうまい。本当に素晴らしい」
「道重さゆみのスピーチの完璧さにいまだに胸を打たれて頭が整理できない」

と賞賛する声が挙がった。

ミス・ユニバース・ジャパン公式スピーチ・トレーナーの株式会社KEE’S代表、野村絵理奈さんも、道重さんのスピーチを映像で確認してこう語る。

「ここ数年見たスピーチの中でも一番です。とても毅然としていて立派。直すべきところのない、まさに模範的なスピーチでした」

際立つ「会場との一体感・空気感の作り方」のうまさ

野村さんは、道重さんのスピーチの特徴は「間のとり方」と「テンポ」にあると指摘する。

「一言ひとことを噛みしめるように話しては、しっかりとファンの反応を待っています。そうすることで会場との一体感が生まれるのですが、彼女はその一体感、空気感の作り方が凄く上手。余裕と自信があるように見えます」

道重さんの目線にも注目だ。ゆっくりとしたテンポで話しながら、少しずつ目線を動かして会場全体を見ている。

「これは『ワンセンテンス・ワンブロック』といって、米国の大統領演説でも使われるテクニック。会場にいる人が、まるで自分に語りかけられているかのように感じることができます。アイドルだとしても、本番でここまでできる人はなかなかいません」

また、道重さんのスピーチは文字にすると1700~1800字ほどになる。これは8分間のスピーチとしては非常に短いという。

「普通の人だとその2~3倍になることもありますが、長ければいいというものではありません。やはり彼女が、自分が言いたいことをいうのではなく、相手にしっかりと伝えることを重視して、余裕を持って構成しているのだと思います」

「さゆみのファンは変な人」は効果的

内容面でも、道重さんのセンスが光る。野村さんは、道重さんが語った「さゆみのファンの人たちは変な人が多いです」という言葉が印象に残ったという。

「『変って言っちゃっていいの?』と相手に思わせながら、その後に『嵐や台風の日にも会いに来てくれてありがとう』と言っている。逆説的だからこそ、より伝わります。他にも『ファンのみんなが勇気をくれた。パワーをくれた。そして愛をくれた』など、短いセンテンスを効果的につなげているのもさすがです。これは、オバマ大統領やキング牧師の演説でも使われていた手法です」

さらに、こうした感情を込めた言葉を話すときも、道重さんが涙を流すことはなかった。野村さんは「泣きながら話すと、聞く人はそっちに気が行ってしまって話が入ってこなくなる」と指摘する。

「冒頭で『泣かずにしっかり伝えたい』と話しているので、本人もそれを分かっているのでしょう。表情を崩さずに、力強い目で嬉しいとか、ありがとうといった感情を表現しながら淡々と話しています。スピーチで大事なのは、最終的に自分の思いや感動を相手に伝えられるか。彼女のスピーチは改めてそれを思い起こさせてくれます」

多くの人に感動を与えた道重さんの卒業挨拶。スピーチのお手本として、ビジネスパーソンにも参考になる点があるかも知れない。

【取材協力専門家 プロフィール】

野村 絵理奈(のむら えりな)
株式会社KEE’S代表取締役社長。同志社大学卒業後、NHK松山放送局キャスターを経て2005年KEE’S設立。放送局で培った技術と経験を元に、プレゼンやコミュニケーションに関する企業研修、個人レッスンを実施している。同社はミス・ユニバース・ジャパン公式スピーチトレーナー。2児の母でもある。
株式会社KEE’S http://www.kees-net.com/

あわせて読みたい:東京メトロ東西線の混雑がヤバすぎる
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP