ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サロン・デュ・ショコラでも注目!”和食材×チョコレート”の秘密♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界が注目するチョコレートの祭典「Salon du Chocolat(サロン・デュ・ショコラ)」
が先日パリにて行われました。
世界中から国際的なシェフや人気ショコラティエが集うイベント。
今年は20周年の節目のイベントだったこともあり例年以上に盛り上がりを見せました。

今年は日本から9店舗が出店しました。
今回はその中でも注目度が高かったのは土屋シェフ率いる「THEOBROMA」。
「THEOBROMA」はボンボン・ショコラに定評があります。また抹茶や山椒、焼酎など日本ならではの食材をつかったチョコレートにも定評が有ります。
この「THEOBROMA」からインスピレーションを受けた和食材とチョコレートのコラボレシピをご紹介♪
1.外国人びっくり!”もち入りチョコレートブラウニー”
■材料
〜もち用〜
☆米粉(100g)、砂糖(45g)、水(145g)
植物性の油 大さじ1
中力粉 小さじ1
〜ブラウニー用〜
お好みのチョコレート 113g
無塩バター 150g
★砂糖(100g)、ココアパパウダー(大さじ2)、卵(3個)、バニラエッセンス(小さじ1 1/4)、海塩(小さじ1/4)
小麦粉 107g
■作り方
1.☆材料を耐熱皿に入れよく混ぜる。「1分間温める→取り出してかき混ぜる」という動作を生地がしっとりするまで繰り返す。
2.油を入れよく混ぜる。一口大に成形し、中力粉を振る。
3.別の耐熱皿にチョコとバターを入れ、30秒程レンジで加熱する。
4.★材料を混合液に加えよく混ぜる。小麦粉を加える。
5.クッキングペーパーを敷いたバットに半分程チョコレート生地を入れる。「チョコレート生地→もち生地→チョコレート生地」となるよう材料を乗せていく。
6.175℃に予熱したオーブンで30分程焼き上げる。
7.十分に冷めてから切り分ければ出来上がり!

2.アレンジ無限大”抹茶チョコレート”
■材料
ホワイトチョコレート(細かくカット) 400g
生クリーム 1/2カップ
無塩バター(細かくカット) 25g
抹茶パウダー 大さじ2
■作り方
1.生クリームを小さいお鍋に入れて、中火にかける。沸騰直前で止める。
2.ホワイトチョコとバターをお鍋に入れよく溶かす。
3.抹茶パウダーをふるいにかけ、混ぜ合わせる。
4.8×8のバットにクッキングシートをひき、その上に混合液を流し込む。4-5時間冷蔵庫で冷やしておく。
5.チョコが固まれば、クッキングシートごと取り出し9等分

「LADY AND PUPS」
http://ladyandpups.com/2013/03/02/mochi-brownie-eng/
「Just one cook book」
http://www.justonecookbook.com/recipes/green-tea-chocolate/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP