体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ももいろクローバーZ、『紙兎ロペ』にゲスト出演決定!

エンタメ

フジテレビ朝の人気情報番組「めざましテレビ」(毎週月~金/5:25~8:00放送)で絶賛放送中のアニメ「紙兎ロペ ~笑う朝には福来たるってマジっすか!?~」のゲスト声優として、ももいろクローバーZの参加が決定した。

ももいろクローバーZ (okmusic UP's)

今回メンバーが担当するのは、彼女たちのキャラクターをモチーフに作られた5人組の女の子キャラ。ロペとアキラ先輩をタジタジにさせるハイテンションなノリは必見!

元気いっぱいでアフレコに挑んだ5人は、「面白いコメントが出るまでカットはかけない」という青池良輔監督のむちゃぶりにも、持ち前の明るさで果敢にぶつかっていく。そんな彼女たちが繰り出すアドリブからは、名セリフ、珍セリフが次々と飛び出し、青池監督も大爆笑。ロペ、アキラ先輩とももクロによる奇跡のコラボレーションは爆笑必至の内容となった。そしてアフレコ終了後、口々に「楽しかった!」と振り返るメンバーたち。アフレコ収録後のコメントは下記の通り。

【ももいろクローバーZ コメント】
−−『紙兎ロペ』は見ていましたか?

佐々木:ロペは見ていますね。
玉井:毎朝、ひと笑いしてから出掛けます。
百田:あのテンションが面白いんですよね。
百田:朝の時間帯って急いでいたりするから、ロペが始まるとホッとします。
有安:あの時間だけゆったりと時間が流れている感じ。
百田:でも最初に観たときは衝撃的でした。
佐々木:その辺の会話を盗み聞きしちゃったみたいな感じですからね。

−−今回、5人で声優をしたのは初めてだったそうですが。

百田:声優と言えば、うちの佐々木ですよ。
佐々木:まあね。みんなはあまり声優をやったことがないけど、わたしは『聖闘士星矢』のヒロインだったから。そういう意味ではみんなのお手本になったかな(笑)
百田:(佐々木に)じゃ、「聖矢くん!」ってやってみてよ。
佐々木:何で!? 言いそうになったけどさ。
百田:その話題を聞いたら、あーりんの「星矢くん!」が聞きたくなるもんね。
佐々木:(照れながら)星矢くん……。(気を取り直して)DVDが発売しますので買ってくださーい!
高城:(佐々木に)先輩! 今日のわたしたちは何点でしたか?
佐々木:まあ良かったんじゃない? 高城さんはあまりロペを見たことがないらしいけど。
高城:あるもーん。とうもろこしを口に詰めてるやつとか。
佐々木:(ビシッと)観たのはそれだけじゃん(笑)!

−−佐々木さんからは何かアドバイスが?

玉井:昨日の夜、指導されましたよ。
有安:電話がかかってきたよね。
佐々木:そう。「声優なめんなよ」と電話しました。
玉井:わたしたちはやっぱり佐々木さんがいないとやっていけないんです。
百田:わたしたちを支えてるのは誰ー?
佐々木以外の4人:あーりん。
佐々木:(拳を握りしめて)よし!
百田:これであーりんのモチベーションを上げるんです。
玉井:あーりんは裏ボスだからね。

−−貴重な経験になったのでは?

全員:なりました!
佐々木:もっとロペが好きになった。
高城:これからはちゃんと観る!
有安:どうせ寝てるんでしょ。
−−皆さんはどういったところにロペの面白さを感じていますか?
玉井:やっぱりアキラ先輩とロペのやりとりですよね。現実にもああいう先輩後輩っていそうじゃないですか。軽く先輩をバカにした後輩という感じで。
百田:ボソボソッとしゃべっていて。学校でめちゃくちゃ目立つタイプでもない。日常でも、普通にありそうな会話なので、親近感がわきます。
佐々木:動物がしゃべるという非現実的な世界観なのに、会話が現実的というギャップが面白い。
有安:笑い声につられそうになるよね。
百田:分かる。あのハハッという笑い声につられるんだよね。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会