体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上野の森に巨人襲来『進撃の巨人展』開幕! リヴァイのブレードやイルゼの手帳など作中アイテムに有名漫画家のコラボイラストも

33

現在、劇場版アニメ前編が上映開始され、来年2015年には実写映画公開も控える人気漫画『進撃の巨人』。連載当初から絶大な人気を誇り、昨年テレビアニメが放送されると、さらに多くのファンを獲得。巨人という存在に脅かされる恐怖に満ちた作品世界や、必死に生きる登場人物たちに魅了される人続出。まだまだ連載中で謎も多い原作ですが、作品の謎や、さらなる魅力に迫る展覧会『進撃の巨人展』が開催。ついに11月28日、東京・上野の森美術館を皮切りにスタートしました。

※すべての画像が表示されない場合はガジェット通信からご覧ください
http://getnews.jp/archives/709998

1

体感できる展示が盛りだくさんというウワサの本展。一足先に少しだけ体験してきました!

展示原画には諫山先生のコメント付き!

3

真っ赤にライティングされた空間には、「人を食う」巨人への恐怖を抱く人々の声や表情であふれた奇妙な壁が広がり、原作の原画が掲出されています。

5 4

いくつものエリアにわたる原画展示の見どころは、「この頃からアルミンの顔は描きやすかったです」など、原作者・諫山創先生のコメントが付いているものがあること。

17

女型の巨人と闘うシーンの原画には、雑誌掲載時には何コマにもわたる格闘シーンがあったが出来があまり良くなかったので、単行本では見開き1枚にした、という単行本派の人はこのコメントで知る事実もあるのではないでしょうか。

10 12 14 16 13

さらに、最後の原画展示エリアでは、原作でもまだ出てきていない新キャラクターの生原稿の展示もあるとか……!

作品の世界に入り込む

2

■オープニングシアター
“現在公開可能な情報”が貼りだされたエントランスから扉の中に足を踏み入れると、瓦礫が転がる空間へ。そこでは“ウォールマリア”ならぬ“ウォールトーキョー”が占拠されたと、調査兵団員のリサという人物から告げられます。目の前の横長のスクリーンにはこちらを覗きこむ巨人が! 街に巨人があふれ、こちらに向かってくる巨人たち。作品の中に入り込んだような、巨人たちに迫られる感覚を体験できます。

15

■“立体機動装置”の闘いを体感する
目の前に広がるスピード感ある映像。スクリーンの前に設置された椅子に座り、目が回りそうな、疾走感を体験してください!

18

■あのシーンを再現
地下の展示エリアに向かう階段には、「さっさとこっちに来いよ!!」とアニに向かってエレンが言った、あの緊迫する名シーンを思わせる演出が。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy