ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung SM-J100FがGFX Benchに登場、Marvellの64bitプロセッサ「PXA1908」を搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung 未発表型番「SM-J100F」を名乗る Android スマートフォンが GFX Bench の公式サイトで発見されました。Samsung はまだ「SM-J」で始まる型番のスマートフォンを発表していません。SM-J100F は新しい型番規則を採用していることになります。スマートフォン新シリーズなのでしょうか。「Galaxy A」シリーズが SM-A の型番を採用していることから、SM-J は「Galaxy J」とか?同サイトの情報によると、Android 4.4.4 (KitKat)、4.8 インチ 800 × 480 ピクセルのディスプレイ、最近発表された Marvell の 64bit プロセッサ PXA1908 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、0.6GB RAM、2.2GB ROM、前後ともにフル HD 動画の撮影も可能な 480 万画素カメラを搭載しています。型番の数字部分から推測すると、SM-J100F はエントリーモデルとなりますが、プロセッサやカメラは従来のエントリーモデルに比べて高めだと言えます。Xiaomi を始めとした中国メーカーの格安モデルを意識して 100 台の型番でもミッドレンジモデル並みのスペックにしているのでしょうか。Source : GFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
MediaTekがXiaomiへのSoCの供給を打ち切ったとの噂
Twitter、公式モバイルアプリで端末にインストールされているアプリの一覧を活用する新機能の提供を発表
HTC Desire 620の実物写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP