体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米Amazon、Fire Phone 32GBモデル(SIMロックフリー)を$199に大幅値下げ

米 Amazon は現地時間 26 日、同社が独自に開発した Android スマートフォン「Fire Phone」の 32GB モデルを米国の感謝祭に合わせて定価 $449 のところ $199 に値下げしました(厳密には、$199 の SIM ロックフリー版が追加で発売されたことになります)。Fire Phone は発売されてからまだ 4 ヶ月しか経っていませんが、不人気で溜まった在庫を処分するために大幅に値下げしたのでしょう。Fire Phone は 7 月下旬に米国で発売され、今では 32GB モデルが $449、64GB モデルが $549 で販売されています。セール対象は 32GB モデルのみです(しかも SIM ロックフリーになっています)。64GB モデルは従来どおりの価格で販売されています。Fire Phone は 4.7 インチ HD (1,280×720ピクセル)の IPS 液晶ディスプレイを搭載した Amazon 独自仕様の Android スマートフォン。4 つのフロントカメラでユーザーの目線や頭の動きを認識し、UI やアプリの表示をチルト、自動スクロール、スイベルしたり、片手でアプリのメニューや機能へのショートカットを表示させることができる「Dynamic Perspective」機能や、専用ボタンを押してカメラを商品にかざしたり、音声を聴かせるだけで Amazon 検索などを実行したり、名刺やポスターのテキスト情報を読み取ったりできる「Firefly」機能が特徴です。Source : Amazon


(juggly.cn)記事関連リンク
Android 5.0で新たなバグ? バックグラウンドアプリがリスタートする問題と「同期をキャンセル」しか表示されない問題が報告される
Delayed Lock : Android 5.0のSmartLockを再現できるアプリ、時間帯やWi-Fi・Bluetooth接続、位置情報などでロック画面認証の自動ON / OFFが可能
富士通がコンシューマ向けのSIMロックフリースマートフォン「ARROWS M01」を発表、12月5日にイオンで発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。