ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もう発見した? “ブサかわ猫”の癒される写真が山手線をジャック 動画でも楽しめるニャー!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


9月8日(月)~10月31日(金)に、キヤノンが開催した“日本一のブサかわ猫”を選ぶ写真コンテスト『ブサかわ猫ちゃんグランプリbyスマフォトプリント!PIXUS』。JR山手線では現在、癒されるブサかわ猫たちの応募写真で車内を丸ごと埋め尽くした特別車両、“スマフォトレイン”を運行しています。


応募作品5996点から厳選した受賞・入賞作品を含む288点のブサかわ猫によってジャックされたスマフォトレイン。通勤や通学で山手線を利用する方なら遭遇したことがあるかもしれませんが、「なかなか乗車する機会がない!」という人もきっと多いはず。そこでキヤノンのスペシャルサイトでは、誰でもブサかわ猫の写真を楽しめるように、スマフォトレインの車内の様子を映像として紹介しています。



猫ヒゲをつけた緑の車両が駅のホームに到着すると、車体の側面には可愛らしい猫たちがプリントされています。嫌なことがあった日でも、こんな電車がやって来たらテンションあがっちゃうニャン!


車両ごとに各賞へ選ばれた写真のプリントが展示。“バッグにして持ち歩きたくなるで賞”を受賞した猫ちゃんの写真は、実際にトートバッグになって中吊りで展示されています。


飼い主は“ブサかわ”と思って投稿したのでしょうが、どの猫も基本的に“かわ”です。“激かわ”です。確かに、たまに“ブサ”の要素が強めな猫もいますが……。


“カレンダーにしたくなるで賞”の猫ちゃんも、自宅の壁に飾っておきたくなるキュートさ。


猫ってこんなに表情豊かで、それぞれ個性のある顔立ちをしているんですね。


個人的には、“手帳にはさんで自慢したくなるで賞”のブサかわ猫がイチオシです。どう頑張ってしつけても、こんな表情を覚えさせることはできません。



“Tシャツにプリントしたくなるで賞”“年賀状にして贈りたくなるで賞”の作品は、キヤノンで実際に販売してくれないかな、と思う人も多いはず。



展示の方法も工夫があって面白い“大きくプリントして飾りたくなるで賞”“あちこち飾りたくなるで賞”。どの写真も、動画の再生をストップしてじっくり鑑賞したくなる作品ばかりです。


テレビCMに出演している桐谷美玲さんも、特別賞をセレクト。選ばれた猫ちゃんは、ヤンキー座り(?)をして上目づかいでこちらをニラむ見事な“ブサかわ”っぷりです。



審査委員長を務めた“ブサかわ猫”界のスター“レオンくん”が選ぶ特別賞や、グランプリを受賞した猫ちゃんはさすがの貫録。“ブサ”と“かわ”のバランスが絶妙で、文句のつけようがありません!

こんな個性豊かなブサかわ猫ちゃんたちの動画が公開されるやいなや、『Twitter』では歓喜の声が続出。さらに、実際にスマフォトレインに遭遇して車両に乗り込んだ人からは羨ましい報告も。

・スマフォトレイン 乗りたい!!
・ブサかわ猫トレインに乗りたひ。待ち伏せするか…
・PIXUSの#ぶさかわ猫ちゃんグランプリ 山手線ジャック、すごい!
・ブサかわ猫ちゃんグランプリの山手線やばい天国かよ
・ブサかわ猫ちゃん車両キターーー!
・ブサかわ猫ちゃんグランプリ総集編の山手線に乗った!!なにこれ!!降りれない!!なにこれ!!
・乗った山手線がブサかわ猫ちゃん仕様!ぬこがたくさん。これはぬこ好きにはたまらんだろうなぁ〜
・緑の電車の中がブサカワ猫写真で溢れてる(((o(*゚▽゚*)o))) 中刷りのとこにバックも☆ ‘展示作品はPIXUSでプリントされています’ って書いてある。。。(笑)

激戦をくぐり抜けて選び抜かれた288点の“ブサかわ猫”写真でジャックされた車両は、12月2日(火)までの期間、わずか1編成のみの運行。もし幸運にもこの車両に乗り合わせたとしたら、目的地で降りるのを忘れて山手線を何周もする自信があります。気になった猫好きの方は、スペシャルサイトでお気に入りのブサかわ猫ちゃんを見つけてみては?

PIXUS ブサかわ猫ちゃんが山手線をジャック「スマフォトレイン」(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=juHIAcROENY&feature=youtu.be

キヤノン『ブサかわ猫ちゃんグランプリ by スマフォトプリント!PIXUS』
http://cweb.canon.jp/pixus/special/busakawaneko/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP