体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ルコルドンブルー」人気シェフが審査員! あの人の心を溶かす“魔法のレシピ”募集中

マダム・マロリーと魔法のスパイス

スティーブン・スピルバーグとオスカー女優ヘレン・ミレンが贈る、美味しい映画『マダム・マロリーと魔法のスパイス』。現在、全国で大ヒット上映中の本作は、南フランスでマダム・マロリーが経営するミシュラン1つ星フレンチ・レストランの真向いに、インド・レストランが開業してしまい、ライバル店として衝突しながらも“料理“を通して深まる人と人との絆が温かく描かれています。

【関連記事】インド菓子“ジャレビ”はクセになる甘さ! 「ムンバイ×マダム・マロリーと魔法のスパイス」コラボメニュー
http://getnews.jp/archives/692928 [リンク]

マダム・マロリーと魔法のスパイス マダム・マロリーと魔法のスパイス

作品の重要ポイントとなっているのが、次々と登場するフランスやインドの料理たち。フランスならではの気品あふれるソースや画面から香りが漂ってきそうなインド特有のスパイスに観客空腹指数は急上昇!

本作の公開を記念して「あの人の心を溶かす“魔法のレシピ”コンテスト」を開催。「ソースが決め手☆誘惑のレシピ部門」「スパイスが決め手☆魅惑のレシピ部門」と2つのテーマでレシピ募集をしています。

なんと、世界的な料理菓子専門学校「ル・コルドン・ブルー」代官山校の人気シェフ講師が審査し、入賞作品にコメントして頂けるという料理好きにはたまらない特典つき。さらに、各部門の上位それぞれ3名様と全参加者員の中から抽選で20名様にル・コルドン・ブルーオリジナルグッズをプレゼントとこの上ない豪華さです。

ル・コルドン・ブルーは、フランス・パリを中心に110年前から世界的に認められた料理教育期間として揺るぎない地位を確立し、今もかわらず、最高峰のフランス伝統の料理技術とフードアート、ホスピタリティー教育までを世界27ヶ国53校から発信している世界的な料理菓子専門学校。同作の中で主人公:ハッサンがフランス料理を学ぶ為に使っていた本もル・コルドン・ブルーのレシピ本という設定となっています。

誰でも参加できるこのレシピコンテスト、是非この機会に腕を振るってみてはどうでしょうか?

マダム・マロリーと魔法のスパイス

【オーディション概要】
応募期間:11月28日まで
応募条件:映画のストーリーのように、かたくなな人の心を溶かす「魔法」のようなレシピを応募して下さい。
※今回は「料理」のみが審査対象です。スイーツやパンは除外。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会