ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Heimat Cafeが選ぶ一冊:『つるかめ助産院』(小川 糸/集英社文庫)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ガジェット通信編集部より)東横線・学芸大学駅にある本屋『SUNNY BOY BOOKS』さんと武蔵小山にあるブックカフェ『Heimat Cafe』さんに、毎月1冊、交互におすすめの本を選んでもらうことになりました。今回は『Heimat Cafe』さんの番です。

『つるかめ助産院』(小川 糸)

暖かい南の島にある助産院が物語の舞台。なんくるないさ~、と緩やかな穏やかな人々。その島に訪れた一人の女性。お腹には一つの小さな命が宿っていたことが島に来てから判明し、その土地で出産を迎えることを決意する。

妊娠とか出産って頭ではわかっているような気がしてもやっぱり不思議ですよね。自分の体の中にもう一つ別の命があるってどういう感じだろう。

この作品では一人の女性の妊娠から出産までの気持ちの変化、成長を描いています。十月十日も母親はお腹の中に命を宿して守っていかなければならない。そこには色々な人の助けがあるからこそ耐えられるのでしょうね。ひとつの命が生まれてくるにはたくさんの大きな愛があってのことだったんですね。

自分もそうして母親から生まれてきたのかと思うとなんだか照れくさいような、でもすごくほっこり暖かい気持ちになりました。私という一人の人間を生んでくれたたくさんの愛に気づかせてもらえた。そんな一冊です。

(Heimat Cafe)

この本について

書名:つるかめ助産院
著者:小川 糸
出版社:集英社文庫
価格:572円
発売日:2012年6月26日

『SUNNY BOY BOOKS』について

店名:SUNNY BOY BOOKS
東横線・学芸大学駅にある小さな本屋。
ブックカフェ・HEIMAT CAFEの本棚の管理や
本にまつわるイベント・展示の企画運営なども行う。
ウェブサイト: http://www.sunnyboybooks.com/
所在地:〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-14-15
営業時間:月曜〜金曜 13:00-23:00
土日祝 12:00-21:00

サニーボーイくん

『Heimat Cafe』について

店名:Heimat Cafe
店長:福田かすみ
お店のテーマはInspire your life ~脳と体に栄養を本を読んだり、美味しいものを食べたり、新しい物を見たり。
体に必要な栄養素や栄養を補って、明日への活力をつけてほしい。
そんな思いでHeimat Cafeを作りました。
40席の広々カフェには1000冊の蔵書が並び、毎月一回棚の入れ替えのためガレージセールも開催しております。
また、入り口を入ってすぐの大テーブルでは、WIFIに接続し、持ち込んだパソコンをご利用いただけます。
ウェブサイト:http://www.heimat-cafe.com/ [リンク]
アクセス:東急目黒線[武蔵小山駅」から徒歩2分
所在地: 〒152-0002
目黒区目黒本町3-5-6
電話: 03-6452-3770
営業日時:月~木 9:00~23:00 金 9:00~24:00 土 11:00~24:00 日 11:00~23:00

店長の福田さん

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP