ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リアル”ノリツッコミ”!?  「なんでやねん」の海苔の袋に込められた意図

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 大阪の「なんばオリエンタルホテル」で提供されている、「なんでやねん」と書かれた海苔の袋がネット上で話題だ。

 この海苔は白い袋に入っており、「なんでやねん」の言葉とともにツッコミポーズの左手の絵が印刷されているため、まるで「ノリツッコミ」を表現しているように見える。

 Twitter上では「関西のセンスって凄いなw」「そして『美味(うま)いな!』と思わせるんですね」「そんな意味があったとは! 関東人にはわからなかったでござる」などの声が上がっている。

 このユニークな海苔袋にはどのような意図があるのだろうか。なんばオリエンタルホテルの森秀一郎さんに話を聞いてみた。

 「最も大阪らしい街『大阪なんば』に位置するなんばオリエンタルホテルでは『大阪体感』をコンセプトに掲げ、宿泊及びレストランにて大阪を感じていただけるプランや企画を展開しています。その中で朝食時に、お客さまが『あ、やっぱり大阪やね』と大阪を感じて、笑顔になるようなサプライズを提供したいとの想いから生まれたパッケージです」と誕生秘話を語る。

 ノリツッコミの意図があったのか聞くと、残念ながらそのような意図はなかったという。「これはもう最初に(Twitterに)投稿いただいた方が素晴らしいです。正直『上手い!』と思いました。この海苔のパッケージに変更して3年ほど経ちますので、ここに来て突然話題になり、正直なところ社員も皆驚いています」と振り返った。

 ちなみにこの海苔は、なんばオリエンタルホテルの朝食「和ぎの朝ごはん」のみで提供されており、今回注目を集めた「なんでやねん」バージョンだけでなく、「まいどおおきに また来てや」と記載された別バージョンのパッケージもあるそうだ。

 最後に「『大阪体感』をコンセプトにしておりますので、これからも大阪にお越しのお客さまに、より大阪を感じていただけるような仕掛けを、宿泊及びレストランともに引き続き提供していきたいと考えています。ただ、狙いすぎても失敗しますので、慎重に進めていきたいですね」と、今後の展開も語ってくれた。

■関連リンク
ゲッターズ飯田の占いを体験してきた
「2.5次元マスク」制作秘話を直撃
日本餃子協会のキャッチコピーが秀逸

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。