ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

えっ? 違うの? 大森南朋・神木隆之介が出演する『タイムスリップ!堀部安兵衛』を映画だと勘違いしている人が続出している件

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


年間100本以上の映画を日々映画館で鑑賞している筆者ですが、「これ見たい!」と思っていてもなかなか都合がつかず、気が付くと公開を終了してしまっている作品も数多くあります。その中のひとつが、忠臣蔵の舞台である吉良邸討ち入りの最中に現代へタイムスリップしてしまった超堅物の剣豪・堀部安兵衛が、現代で不動産会社のサラリーマンとして働くコメディ『タイムスリップ!堀部安兵衛』。堀部安兵衛役として大森南朋さん、その偏屈さにふりまわされる先輩・青山光役に神木隆之介さん、さらに、恋の相手であり宿敵吉良上野介の末裔・吉良裕子役には高畑充希さんが出演しています。

「タイムスリップ! 堀部安兵衛」 予告篇 「堀部安兵衛」篇(30秒)(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=wDD17vr4fmE

テレビで予告編を観て気になってはいたのに、もう公開は終了しちゃっているのかな、どこの劇場でやっているのかなと調べてみたら驚きでした。これ、映画じゃないんですね!


『タイムスリップ!堀部安兵衛』は、実は三井不動産レジデンシャルが特設サイトで公開しているウェブ限定ムービー。キャストには滝藤賢一さんや石橋凌さんも名を連ねていたり、主題歌を斉藤和義さんが担当していたりして、その豪華すぎる出演者と映像の完成度に完全に映画だと思い込んでいました……。映画館に行って泣く準備をしていたのに!

映画やドラマなどのコンテンツが持つ世界観を活用した、“ブランデッド・エンターテインメント”と呼ばれる新しいコミュニケーション手法だそうで、筆者はまんまとそれに食いついてしまったようです。そりゃあ、こんだけ手が込んでいたら気になるのは当たり前でござる!

『Twitter』上でも同じように、『タイムスリップ!堀部安兵衛』を映画だと思い込んでいた人は多かったようで……。「映画じゃなかったの?」と気付いて驚く人もいれば、「観に行きたい」とまだ気付いていない人もいました。

・堀部安兵衛の映画やるの?
・タイムスリップ!堀部安兵衛を見に行きたいな。
・「タイムスリップ!堀部安兵衛」って映画かと思ってた。

『タイムスリップ!堀部安兵衛』を映画だと勘違いしている人たちのツイートまとめ:
http://cureco.jp/view/249[リンク]

とはいえ完成した映像は決してガチガチな企業CMではなく、予告編で想像を膨らませたような、我々が見たかったタイムスリップコメディをきちんと見せてくれるこの作品。さらに、オープニングタイトルにかっこいい影絵アニメを使っていたり、タイムスリップものの醍醐味である言葉や文化のギャップをいかしたギャグが満載だったり、ニヤリとするラブコメ展開が待っていたり、無料で観られる映像としてはあまりにも贅沢な30分強の本編。忠臣蔵を題材にした映像作品は数あれど、その中でもかなり異色でユーモラスなストーリーに仕上がっています。

特設サイトでは本編映像を公開しているほか、出演者のコメントやなぜ堀部安兵衛を題材に選んだのかなどの解説を掲載しています。予告編を観て少しでも気になっていた人は、ぜひチェックしてみるでござる!

『タイムスリップ!堀部安兵衛』特設サイト:
http://www.horibeyasu.be/

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP