ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ボーナスもらったら辞める」転職希望者は1割足らず? 予想外に少ない「悲しい事情」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月は、転職を考える人が増える時期だ。下期の体制が確定し、「やっぱりこの会社ではムリだなあ」ということがハッキリすることが多いのだとか。そんな中、転職エージェントのワークポートが20~40代の転職希望者526人を対象に「転職の時期」についてアンケートを行っている。

会社を辞める「最も良いと思われるタイミング」という質問に、プロジェクト終了後など「仕事の区切りが良い時」と答えた人が最も多く41%を占めた。次いで、年度末や四半期など「時期的に区切りが良い時」が26%、「時期は関係ない」が23%と続いている。
「ボーナスの出る会社」自体が少ないのでは

「ボーナス後」と答えた人は、調査元によると「予想に反して10%足らず」だったというが、これには中堅・中小企業に勤めるネットユーザーたちから反発の声があがっている。

「アホ! 今時、ボーナスの出る企業が1割なだけだろ」

リーマンショック後の業績悪化で、それまで出ていたボーナスが出なくなったという会社も少なくない。求人情報の「賞与あり」を見て入社したが、「ここ10年くらい出てないな」と言われたガックリした人もいる。ネットには、

「友人にボーナスでたら辞めるんだ!と口癖の奴がいる。あれから二十年まだ同じ会社にいる」

と悲しい話を披露する人もいた。ということは大企業に限って言えば、ボーナスをもらって遠慮なく辞める人の割合は、もっと高いのかもしれない。

「仕事の区切り」や「年度の区切り」と答えた人も、結果的にはボーナス後になっているのに、そう答えないだけだ、とツッコミを入れる人もいた。

「そもそも賞与支給時期って、年度末や四半期末などの区切りに支給されるとこ多いですがなw」

以前勤めていた会社には、ボーナス月に退職願を出すと「『ボーナスを返せ』と言われる風習があった」と明かす人もいた。返す必要はないと思われるのだが…。
最終的には「どうでもよくなる」の声多数

一方で、ボーナスをもらって辞めると在職者から「図々しい」と思われるのではないか、という不安もよぎる。しかし実際に辞める段になると、タイミングなど見計らっていられないという声も目に付く。ボーナスも会社の都合も関係なくなるというのだ。

「辞める前は色んな思いがあったけど、いざ辞めるとなるとドーデも良くなったな(笑)」
「本当に辞めたい時なんて引き継ぎがどーのなんて、どーでも良くなって突発的に辞めるもんだ」

実際に転職経験のある人からも、会社は辞める人間のことを「何とも思っていない」ことが分かったので、「自分の都合第一で辞めるタイミングを決めて良い」と言い切る。

転職サイトのDODAは「いつ転職するのが一番いいの?」というお悩み相談のページを設けている。転職市場が活性化するのは「年末(11~12月)、年度末(2~3月)」としながらも、応募者も多くなるのでライバルも増えると指摘、

「じっくり活動したい人は、あえてこの時期をはずすのも作戦のひとつ」

と助言している。ただし年末や年度末は企業の需要が高いのも事実なので、「選考スピードがアップする」ことが多い。ぜひとも転職したいと考えている人にとっては、ひとつのねらい目のタイミングになりそうだ。

あわせて読みたい:あえて「年収下げる」転職に賛否
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP