体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本で明かされているUSJ「ハロウィーン・ホラー・ナイト」誕生秘話

本で明かされているUSJ「ハロウィーン・ホラー・ナイト」誕生秘話

 2000体のゾンビが踊る――10月31日のハロウィーン当日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)では一夜限りの『スペシャル・ゾンビ・モブ』が開催される。

 このイベントは、毎年大好評の『ハロウィーン・ホラー・ナイト』のストリート・ゾンビが、この日限りの特別な振り付けでゲスト2000人が、名曲「スリラー」に合わせてダンスをするというもの。

 圧巻の光景は容易に想像できるが、どうしてUSJはこうした魅力的な企画を次々と打ち出せるのだろうか。特に今年は、映画『ハリー・ポッター』シリーズの世界を忠実に再現した「The Wizarding World of Harry Potter」のオープンがあり、今年8月の入場者数は、これまでの単月の過去最多記録を更新したという。

 その答えが書かれているのが、USJのCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)の森岡毅さんが執筆した『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』(KADOKAWA/刊)だ。

 本書では、森岡さんによるアイデア発想の4つの技法が紹介されており、『ハロウィーン・ホラー・ナイト』もそのアイデア発想法によって生まれた企画だ。

 もともとUSJのハロウィーン・シーズンは、パレードを主な目玉として集客していたが、その成果はあまりよいものではなかった。そこで森岡さんはハロウィーン・イベントの強化に着手。イベント集客を7万人から14万人に倍増させることを目標に、「新しい価値」を作り出そうとした。
 生かされたのは、かつて米国シンシナティに住んでいた森岡さんの経験だった。そして、ハロウィーンというお祭りの本来の目的をもとに企画されたのが、『ハロウィーン・ホラー・ナイト』なのだ。

 さらに、『ハロウィーン・ホラー・ナイト』というアイデアをいかに具体的に形にし、成功に向かわせたのか、その方法も本書で明かされており、ヒットに結び付けた裏側を知ることができる。

 今年2月の発売以降、注目され続けている『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』はオーディオブック化もされ、勢いを増している。USJ好きならば、一読するだけで新たな発見があるはずだ。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
注目のUSJ新アトラクション、その全貌とは?
USJ快進撃の裏に「モンハン」400時間?
USJの新アトラクションが7月15日にオープン! その全容とは?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会