ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KAO=S、ショーケース・ライヴで海外バイヤーを唸らせる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KAO=Sが10月21日~23日まで東京・お台場ホテルグランパシフィックLE DAIBAにて開催された〈Japan Content Showcase 2014 / TIMM〉開催中にライヴ・パフォーマンスを披露して海外からのバイヤーを唸らせた。

川渕かおり(ヴォーカル/剣舞)、山切修二(ギター/ヴォーカル)、寂空-Jack-(津軽三味線)の3人によるオリエンタル・ロックバンドKAO=S。イベント初日におこなわれたショーケース・ライヴでは尺八とパーカッションを加えた編成で登場。200席がほぼ満席となる大盛況の中、「桜香る」「津軽じょんがら節」「桜の鬼」の3曲を披露し会場を大いに沸かせた。演奏終了後にはライヴを見たバイヤーの多くがKAO=S のブースにまで足を運び、メンバーに「素晴らしかった」と直接声をかける光景も。

翌22日と23日には海外バイヤー達と商談を実施。事前アポイントのあったバイヤーはもちろん、初日のパフォーマンスを見て興味を持ったバイヤーもブースに立ち寄り、インドネシア、マレーシア、台湾、タイ、シンガポール、ブラジル、フランス、イギリス等の8ヶ国12 社、飛び込みも含めると合計15 社以上のバイヤーと今後の海外展開についてミーティングをおこなった。打ち合わせ時にライヴを見たバイヤー達からは、演奏の迫力もさることながら、メンバー自らが商談をおこなう姿勢を高く評価され、イベント出演等、数多くの具体的な提案もあった。またオーストラリアからイベントに出席していたロック・ミュージシャンCROSSONからは、彼のミュージック・クリップへの出演を急遽依頼され撮影に参加。ボーカルの川渕かおりが見事な剣さばきを披露した。

現在、11月18日(火)に南青山MANDALAでのワンマン・ライヴ開催が決定しているKAO=S。国内外での活動が今後も活発して行きそうな彼らを目撃するチャンスをお見逃しなく。公演の詳細はオフィシャル・ウェブサイトまで。(岡本貴之)

・KAO=Sオフィシャル・ウェブサイト
http://www.kaos-japan.com

〈KAO=S ワンマンライヴ「D・I・O」〉
2014年11月18日(火) 南青山MANDALA
開場18:30 / 開演19:30
料金:前売 3,500円(ドリンク別)
サポートミュージシャン:小林和弘(パーカッション) / 高原久実(ヴァイオリン)



カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP