体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LTE音声通話『au VoLTE』開始と対応スマートフォン2機種を発表 au冬モデル発表会レポート

LTE音声通話『au VoLTE』開始と対応スマートフォン2機種を発表 au冬モデル発表会レポート

KDDIは10月27日、『au 発表会 2014 Winter』を開催。LTE音声通話『au VoLTE』の開始と、対応スマートフォン2機種を発表しました。

音声×データで価値を提供するauのVoLTE

au発表会

発表会にはKDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登壇。夏モデル発表会と同様、3キャリアで『iPhone』が発売されネットワークがLTE化したキャリアの「同質性」の中、「期待を超える価値」を提供する立ち位置をアピール。「ネットワーク」「端末」「サービス」で価値を提供するものとして12月初旬からサービスを開始する『au VoLTE』を発表します。

au発表会

一般にVoLTEの特徴として音声通話の高音質化、発着信の高速化、音声通話中のアプリなどによるデータ通信の高速化といったものが挙げられます。『au VoLTE』は、この日スライドで「高音質通話だけで終わらせては面白くない」と発表されたように、音声とデータ通信を組み合わせた付加価値を提案しているのが特徴です。

au発表会 au発表会

音声通話の周波数帯域は従来の200Hz~3.4kHzから50Hz~7kHzと広くなり、高音域をクリアに表現可能に。『au VoLTE』対応端末は国内の音声通話に3G回線を使わない仕様になるため、発着信の高速化と同時に常時、高音質通話を維持します。

au発表会 au発表会

音声通話用にウィジェット型のユーザーインタフェースを採用。「通常受話」「スピーカー受話」「終話」の着信動作を選択後はウィジェットを最小化することにより、通話の間もウェブ閲覧やメールの送受信、地図アプリの使用などデータ通信を妨げない“コンカレント通話”の機能を提供します。

画面の同期や多人数通話など5種類のサービスを提供

au発表会

音声とデータ通信を組み合わせたサービスとして、5種類のサービスを発表。『画面シンク』は、通話中に2者の画面を同期させるサービスで、同じウェブサイトの画面を見ながら通話するなどの操作が可能になります。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。