体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、「Google Play ミュージック」の公式Androidアプリをv5.6.1623Pにアップデート、アプリUIをMaterial Design仕様に刷新、海外ではSongza風の新プレイリストを提供

Google は 10 月 21 日、「Google Play ミュージック」の公式 Android アプリを v5.6.1623P にアップデートし、アプリ UI をリニューアルしました。このバージョンで UI は Android 5.0 (Lollipop)で導入された Material Design 方式を採用した内容に刷新されました。アプリの操作方法は前回からさほど変わっていませんが、アクションバーのカラーリングが濃いオレンジに変更され、スライドメニューや各リストのフォント・アイコンデザインも変更されました。また、Now Playing 画面はコントロールボタンが刷新されています。

国内では提供されていない「Google Play Music All Access」でも新機能が追加されています。新機能は Google が買収した Songza が提供していたようなムードやシチュエーションに適したプレイリストを提案するというものです。新しいプレイリストは「Listen Now」タブで利用できます。「Google Play ミュージック」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
LG G WatchにAndroid 4.4W.2(KNX01Q)のアップデートが配信開始、Bluetooth機器でのオフライン音楽再生やGPSをサポート
Android版「niconico」がv3.0にアップデート、ユーザー生放送の開始が可能に
Nokia、Android向け地図アプリ「Here Beta for Android」を一般公開、Android 4.1以上の端末で利用可能

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。