ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【朝食パン派向け】絶妙な焼き加減!失敗知らずのスマートトースター

DATE:
  • ガジェット通信を≫

朝ごはんには「焼いたトーストとバター、それにコーヒー」というスタイルの人もいるだろう。しかし残念ながら、焼きすぎて黒こげになったり、焼きが甘くて香ばしさが足りない、なんていうケースもある。

現在の室温、焼いた枚数も自動的に考慮

シンプルだからこそ、パンの焼き加減にはこだわりがあるなら、スマートトースター「Dualit」はいかがだろう。この「Dualit」にはセンサーが搭載されていて、トースター内部の温度はもちろんのこと、トースターが置かれている部屋の室温や状態を計測し、焼き時間などの調整を自動的に実行してくれる。

また、これまで何枚のトーストを焼いたのか、クールダウンにはどれくらいの時間が必要なのかといったこともオートで判断。失敗知らずの非常に賢いトースターなのだ。

もしかすると「もう少し焦げ目をつけたい」「さっと焼きたい」などといったように、あなたの焼き具合の好みが「Dualit」の設定と微妙に食い違っていることもあるだろう。その場合は、既存のトースターと同様に、ダイヤルを回して手動で調節をおこなうことも可能だ。

食パンからベーグルまで!プロ仕様のトースター

パンの挿入口は少し幅が広めにとってあるので、食パンのようなスライスパンだけでなく、ホットサンドウィッチやベーグルなどを焼くこともできる。トーストを縦に差し込んで焼くタイプから、横に並べて配置するようなタイプ、スロットが2、3、4、6つあるタイプなど、ニーズに合わせてさまざまなタイプから選べる。

かなりプロ仕様なスマートトースターは、カフェやケータリング、レストランなど、トーストの焼き加減に注力したいサービスにはピッタリ。もちろん、トーストをこよなく愛するものの、これまで“いつもの慣習で、何となく”トーストを焼いては失敗してきたあなたも、「Dualit」を導入してみてもよいかもしれない。

Dualit

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP