ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おそらく日本でもっとも安くカツカレーを食べられるお店が東京にあった!東京駅八重洲口のアルプス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京八重洲。八重洲といえば現在は「東京ステーションルネッサンス」の一環として再開発事業が進められており、東京でもダイナミックな動きのある場所の1つ。

そんな東京の都心部で活発な動きのある場所に、おそらく日本で最も安くカツカレーを食べられるお店があることをご存知だろうか?

以前、「カツカレーがなんと500円!上野のカレー専門店「クラウンエース」( http://gotrip.jp/2014/10/11993/ )」にて、上野のワンコインの激安カレーを紹介したが、今回はそのコスパをはるかに上回る、カレー界にさんぜんと輝くお店をご紹介しよう。

そのお店は、東京駅八重洲口の地下街、通称ヤエチカに鎮座している「アルプス」。八重洲の地下街にはたくさんのお店がひしめき合っており、東京八重洲で働く人達の胃袋を満たしている。

そんな競合ひしめくこのエリアで、低価格でしかも味わい深いカツカレーを供するこのお店は、神といっても過言ではない。

お店に到着すると、まず目に飛び込んでくる自販機に刮目(かつもく)せざるを得ない。そこには様々なカレーがあるが、自販機の右下に配置されているタイムサービスのカレー290円(コロッケ、チキン、チーズ)の3種に度肝を抜かれる。

こちらのカレーは通常のカレーにコロッケ、チキン、チーズのうち、どれか1種類をトッピングとして提供してくれるという、とてつもないサービスメニューなのだ。

本来ならチキンをトッピングしてチキンカツカレー!と言いたいところだが、今回は上野との比較を行うため、公平性を期すためにトンカツのカツカレーをご紹介する。

こちらのカツカレーだが値段は470円。上野より30円も低価格だ。さらにカツの厚さは上野よりも分厚く食べ応えのあるカツ。

肝心のルーの味だが、口当たりは柔らかなカレーだが、後味に少しスパイシーさを程よく感じる、こだわりのカレーなのだ。

これに少し分厚いサクサクとしたカツをあわせれば、しっかりとカツカレーの特徴を感じる事ができるものに仕上がっている。

八重洲口からほど近い場所にある、コスパ最高のカレー屋さん。テイクアウトも可能なので、お財布にも使い勝手も非常にありがたい、最高のカレー屋を1度訪れてみてはいかがだろうか。きっとそのクオリティに驚きを禁じ得ないだろう。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/

お店 アルプス (外堀地下2番通り)
住所 東京都中央区八重洲地下街北1号 八重洲地下街 オレンジロード
営業時間 10:00~21:30
定休日 なし

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP