ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アウトドアにも! 防災にも! お湯を沸かしながらデバイス充電もできちゃうすごいヤカン『BioLite ケトルチャージ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014年冬、アウトドア用品ブランド・モンベルから“ヤカン”が登場します。日常生活には欠かせないヤカンは、アウトドアでもコーヒーを入れたり、即席のスープを作ったりと、とっても重宝するアイテム。

しかし、このヤカン『BioLite ケトルチャージ』は、そんじょそこらの普通のヤカンとは違います。お湯が沸かせるだけでなく、なんと発電&充電もできてしまう一石二鳥の驚きのヤカンなのです。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/682943

直径19㎜、シルバーの本体に明るいオレンジのハンドルが映える、スタイリッシュなデザイン。

ハンドル部分を折りたたむと、高さはたったの75㎜。コンパクトに持ち運びができます。

炎のマークがついている左側が底面の温度の高さを、電池のマークがついている右側がチャージしている電気の量を表しています。

さっそくお湯を沸かしてみましょう。水の注ぎ口はやや小さめですが、平らで注ぎやすいです。

満水容量は750ml。555mlのペットボトルで1本と半分くらいになります。見た目よりもかなり入る印象です。

さて、いよいよ火にかけてみます。発電&充電ができる高性能さにも関わらず、焚き火、アウトドア用バーナー、家庭用ガスコンロと、機材を選ばず使用できるという点も、このヤカンの優れたポイント。

今回は、家庭用卓上ガスコンロでお湯を沸かしてみます。特に変わったことはしません。ただコンロにヤカンをのせて、火を点けるだけ。万が一空焚きしてしまっても、警告音がなるので安心です。

5分足らずでお湯が沸いて、チャージもしっかりできています。

アツアツのお湯で早速、カップラーメンをいただきます! 大きめのカップラーメンでも一回の湯沸しで余裕でした。コーヒーなどならマグカップ2杯分はいけそうです。

カップラーメンを食べている間に、先ほどのチャージでスマートフォンを充電してみます。充電するには別途USBケーブルが必要です。ハンドル部分のUSBマークのカバーを外すと差し込み口があります。

スマートフォンが光って、しっかり充電できていることがわかります。付属の耐熱USB延長コネクターケーブルを使えば、ケーブルが溶ける心配いらずで加熱中でも充電可能。

アウトドアに役立つのはもちろん、普段の生活でも問題なく使え、災害時には真っ先に確保しておきたいお湯、電気を一度に用意できる画期的な製品。一家に1台あると安心できるヤカンです。

製品概要

製品名:BioLite ケトルチャージ
価格:17000円(税抜)
サイズ:直径19cm×高さ18.6cm
    収納時(ハンドル折りたたみ時):直径19cm×高さ7.4cm
重量:907g
満水容量:750ml
素材:ステンレス、アルミニウム(本体)
   耐熱プラスティック(ハンドル)
USB出力:10W(5V、2A)※炎の強さにより変化します。
内蔵電池:1250mAh リン酸鉄リチウムイオン電池
充電能力:15分の充電=約5時間の通話や動画再生、約20時間の音楽再生 タブレット端末も充電可能です。(※一般的なスマートフォンの場合)
付属品:耐熱USB延長コネクターケーブル(※携帯電話・スマートフォンなどの充電用ケーブルは付属していませんので別途ご用意ください。)

公式サイト

http://www.biolitestove.jp/menu44/contents194[リンク]

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。