体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

kilk recordsからFerri、AUDIO BOXINGが11月5日にアルバム同時リリース

kilk recordsからFerri、AUDIO BOXINGが11月5日にアルバム同時リリース

ヒソミネ×2.5Dなど、次々と新たな挑戦をおこなっているインディーズ・レーベル、kilk recordsから11月5日にFerri、AUDIO BOXINGがそれぞれアルバムをリリースすることが発表された。

Ferriの最新アルバム『∞(インフィニティー)』は、『a broken carousel』で衝撃的なデビューを果たしてからおよそ2年半ぶりの作品。新たな世界への扉を開く今作はkilk主宰・Aureoleリーダーの森大地、MiliのYamato Kasai、KASHIWA Daisuke、Takahiro Kido、Yuki Murata、AJYSYTZ、üka、cellzcellarなど多くのアーティストとコラボレーションして作り上げられた作品だが、それが結果的にFerriの世界をより深い方向へと導き、何者にも形容しがたい不思議な音空間を作り上げることに成功させている。

一方、対照的に血沸き肉躍る、まさにボクシングのような格闘リズムを有する1ベース&ラップトップ、2ドラムスによる強烈ダブステップ・バンドAUDIO BOXINGのデビュー・アルバムとなる『Tried and True』はダブステップやEDMを独自な解釈で強力なリズム隊により再構築した珠玉の8曲。こちらはゲスト・ボーカルにTujiko Noriko、コッテル、üka、そしてFerriも参加している。ミックス・エンジニア は、ハイスイノナサの照井淳政、マスタリングはcellzcellarが担当している。

共にkilk recordsから満を持してのリリースとなる今作はOTOTOYからも配信され、特集ページも後日公開される予定なのでお楽しみに。(岡本貴之)

・kilk recordsオフィシャル・ウェブサイト
http://kilk.jp/wp/

kilk recordsからFerri、AUDIO BOXINGが11月5日にアルバム同時リリース
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy