ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノーベル物理学賞 中村修二教授の国籍、赤崎勇教授に記者会見でSTAP細胞の質問をした記者などにネットで反応さまざま

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

10月7日、青色発光ダイオード(LED)を開発した名城大学の赤崎勇教授、名古屋大学の天野浩教授、カリフォルニア大学の中村修二教授の3人がノーベル物理学賞受賞とのビッグニュースが報じられた。
中村修二教授は現在アメリカ国籍ということで、『Twitter』上などでは波紋が広がっているようである。


また、同日名城大学にて赤崎勇教授の会見が行われ、NHKでも中継された。
そのときに、CBCテレビの記者がSTAP細胞について質問を行ったということで、ネット上では「場違い」「バカな質問するな」といったような批判が起こっているようだ。

女性記者「CBCテレビのオサダ(?)です。日本の科学という分野に関しましては、今年はSTAP細胞の騒動もありましたが、まあ今後の……ノーベル賞を受賞されたということで、……の科学分野というのを……がついていて明るい話題になると思うのですが、そういう点ではどういう風にお考えでしょうか(一部聞き取り不能)」

赤崎教授「(微妙な表情で)え? STAP細胞……ですか? ちょっとよくわからなかったんですが」

女性記者「今後ですね、えー、そういう話もありましたけれど、まあ今日いらしている若い学生などに、日本人のノーベル賞受賞ということで、またあの科学の明るい話題になったかと思うんですが、そのあたりはいかがお考えでしょうか」

赤崎教授「それは……(明るい話題に)なればうれしいですね」

ネットにはそのときの動画もアップされ、

「なんでや!STAP関係ないやろ! 」
「放送事故と言って差し支えないレベルだった 」
「どんな答えを期待して聞いたの?」
「今年度、最大の「場違い」を見た」
「なんだこの誰の得にもならん質問は 」

……等々、非難轟々のようである。

関連:ノーベル物理学賞受賞に関しての反応いろいろ
http://cureco.jp/view/239 [リンク]

※画像はノーベル賞の公式サイト(http://www.nobelprize.org/)より

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP